わくわくフォン登場。au回線を使ったMVNOサービス「ICVモバイル」が6月16日にスタートへ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
出雲ケーブルビジョンとKDDIバリューイネイブラーは9日、出雲ケーブルビジョンがKDDIバリューイネイブラーのモバイルサービス基盤を活用し、16日より、「au 4G LTE」に対応したMVNOサービス「ICVモバイル」の提供を開始すると発表した。


au回線網を利用したMVNOサービスとしてはmineo、UQ mobileがあるが、新たなサービスが登場することになる。

ICVモバイルは、KDDIバリューイネイブラーのUQ mobileのサービス基盤を活用する形でサービスを展開する。そのため、料金プランの内容も同じだ。プランの種類は4つで、大きく分けてデータ通信が高速でできるか送受信が最大500kbpsかで分かれる。そして、それぞれに音声通話付きプランと無しプランが用意される。

・データ高速プラン:月額980円
・データ高速+音声通話プラン:月額1,680円
・データ無制限プラン:月額1,980円
・データ無制限+音声通話プラン:月額2,680円

データ高速タイプの場合は、月々3GBまでは受信最大150Mbps、送信最大25Mbpsでの通信が可能で、3GBを超えた分は送受信最大200kbpsとなる。一方のデータ無制限タイプでは、200kbpsへの速度制限は掛からないものの最初から送受信最大500kbpsとなる。一般的な多くのユーザーの場合はデータ高速タイプの方が明らかにストレスが少ないはずだ。

SIMカードのみの販売とスマートフォンとのセット販売が行われ、スマートフォンは京セラ製の「KC-01」、LGエレクトロニクス製の「LG G3 Beat」を取扱う。


購入はICVホームページから可能だ。

【情報元、参考リンク】
ICVホームページ
KDDIバリューイネイブラー/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑