フリーテル、Androidスマホ「SAMURAI」シリーズ、Google Play対応のAndroidガラケー「Galaho」、Windows 10 Mobile「KATANA」を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
スマートフォンブランド「freetel(フリーテル)」を展開するプラスワン・マーケティングは22日、都内でプレスカンファレンスを開催し、freetelブランドの新製品を複数発表した。

SAMURAI MIWAMI

まず、Androidスマートフォンでは、「SAMURAI」シリーズを発表。「SAMURAI MIYABI(雅)」「SAMURAI KIWAMI(極)」の2機種で、雅がエントリー/ミドルエンド向けスペックの端末で、極がハイエンド端末になる。雅は今夏、極は今秋発売予定。

極はfreetelブランドで最高のスペックを持つ端末だが、詳細は未公表。今後準備ができ次第、発表される見込み。ただし、その仕様を示す数字の羅列は明らかにされた。「8 32 2000 21」という数字だ。

6インチディスプレイ、オクタコアCPU搭載は明らかにされているため、8はオクタコア、32は32GB ROMを示しているものと考えられる。

SAMURAI MIYABI

雅はAndrod 5.0、クアッドコアCPUを搭載するスマートフォンで、メモリは2GB RAM、32GB ROM。メインカメラが約1,300万画素、サブカメラが約500万画素となっている。もちろん、SIMフリーだ。

さらに、Androidを搭載するフィーチャーフォン「Galaho(ガラホ)」(仮称)も発表された。Android搭載フィーチャーフォンはau、ドコモでもリリースされているが、このGalahoも折りたたみ型の形状をした端末。しかも、ドコモ、au向けの富士通、シャープの端末と異なり、GalahoはGoogle Playに対応する。現状、Google PlayにはAndroid搭載フィーチャーフォンの操作系向けのアプリは揃っていないが、Galahoリリースに合わせてアプリが揃ってくる可能性もあるかもしれない。リリース時期は今秋以降の予定。

Galaho

他には既存製品の「Priori 2」へのAndroid 5.0アップデート投入予定も明らかにされた。

そして、「Windows 10 Mobile」搭載スマートフォンも発表された。「KATANA 01」と「KATANA 02」で、01は4.5インチ液晶(FWVGA)、02は5インチ液晶(HD)搭載機種となる。どちらもSIMフリーでドコモやソフトバンクモバイルのネットワークと同じ通信方式で利用できる。価格が手頃なのも魅力で、01は19,800円、02は29,800円の見込み。

KATANA 01

KATANA 02

リリース時期はマイクロソフトによるWindows 10のリリース後、できるだけ早い時期、とされている。

また、同社は自らMVNOサービス「freetel mobile」も運営しているが、新料金プランを提供する。新料金プランは使用したデータ通信量が増えていくごとに料金が加算されていく、ステップ制のプラン。

100MBスタートで、まずは月額299円から始まる。1GB超過すると499円に上がり、3GBで900円、5GBで1,520円、8GBで2,140円、10GBで2,470円となっている。10GBが上限なので、それ以上料金が上がることはない。

ここにSMS&音声通話機能を付けると+700円、SMSのみの場合は+140円になる。

料金プラン(※クリックして拡大)

端末の実機レポートなどは後ほど別途記事を用意したい。

【情報元、参考リンク】
freetel 新ラインナップ
freetel/プレスリリース
freetel eSHOP(フリーテル公式通販サイト)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑