ソニー、Xperia Z4 TabletのWi-Fiモデルを6月19日に発売へ。推定実売価格は76000円前後

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーマーケティング及びソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、両社含めてソニー)は26日、世界最薄・最軽量を実現した約10.1インチのディスプレイ搭載タブレット「Xperia Z4 Tablet」のWi-Fiモデルを発売すると発表した。


Xperia Z4 TabletはLTE対応モデルがNTTドコモ(以下、ドコモ)、au(KDDI/沖縄セルラー)から発表済みだが、モバイルデータ通信に非対応の、Wi-Fiのみのモデルが新たに登場することが明らかになった。

発売日は6月19日の予定で、市場推定価格は76,000円前後。

さらに、ソニーは純正周辺機器の市場推定価格も発表した。ノートパソコンライクに使うことができるBluetoothキーボード「BKB50」が16,000円前後、スタンド機能付きのタブレットカバー「SCR32/B・W」が5,000円前後、スクリーンプロテクター「PRT13」が2,000円前後。

OSはAndroid 5.0で、Xperia Tabletシリーズの最新フラッグシップモデル。

Xperia Z4 Tabletは約10.1インチのディスプレイを持つタブレットとして世界最薄の約6.1mm、最軽量の約389gのボディが大きな魅力。デザインテイストはシリーズ通して今回も変わっておらず、非常にシンプルなスクエアスタイル。

ディスプレイの解像度は2,560×1,600ドットと高精細なので、写真や動画の閲覧などの際も綺麗に表示してくれる。

CPUは2.0GHz(クアッド)+1.5GHz(クアッド)のオクタコアSnapdragon 810で、メモリは3GB RAM、32GB ROM、バッテリー容量は6,000mAh、Bluetooth 4.1、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac(MIMO対応)、防水・防塵仕様、などという基本スペックだ。

メインカメラは約810万画素、サブカメラは約510万画素。

最大で約17時間というバッテリーの持ちも魅力の一つなので、Webサイトの閲覧はもちろん動画の視聴も長時間可能だ。

前述したように純正周辺機器のBluetoothキーボード BKB50と合わせて使うことでノートPCライクに使うことができる。さらに、「Microsoft Office for Android tablet」がプリインストールされているので、購入後すぐにOfficeを使うこともできる(Officeは他のAndroidタブレットでもGoogle Playからダウンロードできるので、Xperia Z4 Tabletだけの特徴ではない)。

BKB50を使うと一見するとノートPCのよう

オーディオ面で「LDAC」に対応していることも今回のXperia Z4 Tabletの特徴。

既存技術と比べて最大約3倍の情報量で、高音質なワイヤレス音楽再生を実現する音声圧縮技術で、ワイヤレススピーカーでも高音質で楽しむことができる。もちろん、対応スピーカーやヘッドホンをイヤホン端子に繋げば、ハイレゾ音源の出力も可能。圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」機能も搭載する。

【情報元、参考リンク】
ソニー/プレスリリース
Amazon.co.jp/Xperia Z4 Tablet
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑