au向けGalaxy S6 edgeにアップデートの配信開始。700MHz帯への対応、auシェアリンク機能への対応等

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Galaxy S6 edge
KDDI、沖縄セルラーは18日、au向けAndroidスマートフォン「Galaxy S6 edge SCV31」に対して、最新のアップデート(ソフトウェア更新)を配信開始したと発表した。

今回のアップデートの主な内容は、700MHz帯への対応と「auシェアリンク機能」への対応となるので、ユーザーの方は早めに導入しておきたい。他にもいくつかの改善内容が含まれている。

アップデートの所要時間はアップデートファイルをダウンロードする回線もしくは方法によって異なり、Wi-Fiの場合で約8分、4G利用の場合で約11分とされ、ファイルサイズは約147MB。また、パソコン利用の場合は約14分で、ファイルサイズは約3.5GBとなる。

アップデート後のソフトウェアバージョン(ビルド番号)は「LRX22G.SCV31KDU1AOE1」だ。

【情報元、参考リンク】
KDDI/Galaxy S6 edge SCV31 アップデート情報
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑