格安スマホのDMM mobileがASUS MeMO Pad 7(ME572CL)を販売開始。ZenFone 2は15日から受付開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comが運営するMVNOサービス「DMM mobile」は1日より新たに7インチタブレット「ASUS MeMO Pad 7」の販売を開始した。また、販売開始が待たれるハイスペック・スマートフォン「ASUS ZenFone 2」(ZE551ML)の申込受付を15日から開始することも明らかにした。

ASUS MeMO Pad 7

それぞれの価格は次の通り。

<ASUS MeMO Pad 7 (ME572CL)>
・本体価格一括:¥35,000
・24ヶ月払い:¥1,575×24回(税込)

<ASUS ZenFone 2 (ZE551ML)>
・本体価格一括:¥36,800
・24ヶ月払い:¥1,656×24回(税込)

まずはMeMO Pad 7から紹介したい。MeMO Pad 7(ME572CL)はAndroid 4.4.2を採用し、ディスプレイが約7インチサイズで1,920×1,200ドットのIPS液晶のタブレットになる。本体サイズは約114.4×200×8.3mmで、重さ約279gと、薄く軽いので持ち運びも十分に可能なタブレットとなっている。

MeMO Pad 7はシンプルなデザイン

CPUはIntel Atom Z3560(クアッドコア)で、メモリは2GB RAM、16GB ROM。色々なゲームアプリを使ったり、写真や動画を多く撮る方にはROMは少ないかもしれないが、microSDカードスロットがあるので、そちらでカバーできるだろう。

バッテリー容量は3,950mAhで、最大11時間程度の連続駆動が可能とされる。

日本語入力システムに「ATOK」を採用している点も特徴の一つ。

カメラはメイン側が約500万画素、サブ側が約200万画素で、ネットワークはモバイルネットワークとWi-Fiに対応し、対応周波数は下記の通り。LTEでは下り最大150Mbpsでの利用が可能だ。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠。

<モバイルネットワーク対応周波数>
・LTE:2100(B1)/1900(B2)/1800(B3) AWS 1700/2100(B4)/850(B5)/2600(B7)/800(B19)/800(B20)MH
・W-CDMA (HSPA+):2100(B1)/1900(B2) AWS 1700/2100(B4)/850(B5)/800(B6)/900(B8)MHz
・GSM:850/900/1800/1900MHz

なお、MeMO Pad 7は音声通話には対応していないので、DMM mobileではデータSIMプランでの利用になる。高速データ通信が月々1GBのプランは月額660円、2GBは770円、3GBは850円、5GBは1,270円、7GBは2,040円、8GBは2,140円、10GBは2,250円となっている。

カラーバリエーションはブラックのみ。

なお、ZenFone 2については15日受付開始なのでまだ先だが、ニフティの「NifMo」、楽天の「楽天モバイル」では既に受付開始している。ただし、料金プランや特典などは各社で異なるので、急いでない方は5月16日の発売日を待ってからDMM mobileも含めて各社の内容を比較して決めてもいいかもしれない。NifMoでは5,000円のキャッシュバック、楽天モバイルでは最大2,000ポイント還元の特典付きだ。
NifMo
楽天モバイル

【情報元、参考リンク】
DMM mobile
ASUS ZenFone 2発表会レポート記事
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑