川崎地下街「アゼリア」におけるWiMAX 2+のエリア整備が完了

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは22日、神奈川県の川崎地下街「アゼリア」における「WiMAX 2+」のエリア整備が完了したと発表した。


同社はWiMAX 2+のエリア整備を各地で進めているが、地下鉄や地下街でも整備も順次行っている。地下街に関しては、東京都の京急ショッピングプラザ ウィング新橋、新宿サブナード、愛知県のエスカ地下街、福岡県の博多駅地下街でも整備が完了し、WiMAX 2+の利用が可能になっている。

「WiMAX」に関しては、全国各地のより多くの地下街でのエリア整備が済んでいるので、今後、それらのエリアのWiMAX 2+の整備も行われるものと予想される。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑