au夏モデル新製品を発表。HTC、isai、海水対応のTORQUE、URBANO、Xperia、Galaxy、AQUOSのスマホ7機種、VoLTE対応ケータイ1機種、タブレット2機種

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは14日、都内で新商品発表会を開催し、auの2015年夏モデルを発表した。スマートフォンが7機種、auケータイ(フィーチャーフォン)が1機種、タブレットが2機種の計10機種となる。

au 2015 Summer新スマートフォン

スマートフォンは、NTTドコモ(以下、ドコモ)のラインナップにもある「Xperia Z4 SOV31」と「Galaxy S6 edge SCV31」の他、au独自ラインナップ5機種だ。シャープ製「AQUOS SERIE SHV32」、LGエレクトロニクス製「isai vivid LGV32」、HTC製「HTC J butterfly HTV31」、京セラ製「TORQUE G02」、京セラ製「URBANO V02」。

スマートフォンは全機種「VoLTE」、そしてau 4G LTEの下り最大225Mbps、WiMAX 2+の下り最大220Mbpsに対応する。

Galaxy S6 edge、Xperia Z4、AQUOS SERIE

auケータイはシャープ製「AQUOS K SHF32」で、OSにはAndroidを採用し、今回はauケータイとして初となる「VoLTE」対応機となった。AQUOS K登場にあわせ、VoLTE対応auケータイ向け料金プランも用意される。

タブレットはソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z4 Tablet SOT31」、京セラ製「Qua tab 01」の2機種。

各機種の詳細は実機写真もまじえて別途記事を用意したいと思うのでそちらを参照してほしい。ここでは概要を紹介したい。

<スマートフォン>

■Xperia Z4 SOV31(6月中旬発売)

→実機レポート公開。「【実機レポート】auにも登場のXperia新機種!使い勝手が進化した「Xperia Z4 SOV31」をチェック!

「Xperia Z3」の後継機種として登場するソニーの「Xperia」シリーズの最新フラッグシップモデル。Android 5.0、オクタコアCPU、3GB RAM、高性能・高機能カメラ、ハイレゾ対応などのオーディオ機能、PlayStation 4との連携等が魅力。

■Galaxy S6 edge SCV31(4月23日発売済み)

両サイドのエッジ部が曲面のエッジスクリーンを搭載するスマートフォン。独特のデザインが特徴だが、オクタコアCPU、3GB RAMなどのスペックの高さ、有機ELディスプレイならではの発色、表示なども特徴。

■AQUOS SERIE SHV32(6月中旬発売)

新開発のIGZO液晶を搭載。単焦点デジタルカメラの「リコーGR」の開発メンバーによる画質改善認証「GR Certified」を取得したカメラ機能が特徴。スーパースロー再生も新たに搭載。ユーザーの生活をサポートしてくれる「エモパー」も進化している。

■isai vivid LGV32(5月下旬発売)

→実機レポート公開。「進化した高精細ディスプレイとデジカメいらずのカメラ機能のisai vivid LGV32

進化した高精細ディスプレイ「IPS Quantum ディスプレイ」を搭載する。isai VLと比較してコントラスト比が1500:1と50%向上し、輝度が25%向上し、より美しい表示が可能となっている。また、F1.8と明るいレンズ、1/2.6型CMOSセンサー採用で、より美しい画質の写真撮影ができる。

isai vivid

■HTC J butterfly HTV31(6月上旬発売)

2,020万画素のDUOカメラ、1,300万画素のインカメラによって写真撮影を楽しむことに注力したスマートフォン。また、ドルビーオーディオ5.1chバーチャルサラウンドに進化したデュアルフロントスピーカーも魅力。動画視聴時などに迫力あるサウンドを楽しめる。


■TORQUE G02(7月上旬発売)

世界初となる海水対応のタフなスマートフォン。タフさは健在で、今回は新たに、様々なアウトドアシーンで最適な情報を表示する「ランニング・ウォーキング」「キャンプ」「ハイキング・登山」「サーフィン・釣り」の4つのセンサーアプリがアクティブな利用をサポートしてくれる。海水対応で、海の中でも写真撮影などができる。

TORQUE

■URBANO V02(7月上旬発売)

旧モデルで対応した防水・防塵、耐衝撃に加えて、新たに耐振動、温度耐久のMIL規格にも準拠するなど、URBANOもタフなスマートフォンへと進化してきた。

URBANO


<auケータイ>

■AQUOS K SHF32(7月中旬発売)

今回のAQUOS Kはauケータイとして初となるVoLTEに対応する。旧モデルと同様にAndroidを搭載しつつ、フィーチャーフォンの使い勝手を実現。また、Android搭載AQUOS K向けアプリが「auスマートパス」で約100タイトル用意されているので、「Androidガラホ」でも楽しめる範囲が増えてきた。「おサイフケータイ」にも対応する。



<タブレット>

■Xperia Z4 Tablet SOT31(7月中旬発売)

「Xperia」のタブレットシリーズの最新モデルで、約6.1mmと薄く、約393gと軽いボディが大きな魅力。専用キーボードとあわせて使うことで、PCライクな使い方も可能となっている。


■Qua tab 01(7月下旬発売)

auのタブレット・ラインナップに初めて登場する。8インチサイズのディスプレイを搭載したオーソドックスな端末。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑