GMOとくとくBB、データ通信使い放題で下り最大165Mbps対応のモバイルルーター「Pocket WiFi 305ZT」を0円、通信料は月額3596円、キャッシュバック2万円で販売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GMOとくとくBBキャンペーンページ
GMOインターネットのプロバイダサービス「GMOとくとくBB」は4月30日までの期間、モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 305ZT」のキャッシュバック・キャンペーンを実施している。

まず、この305ZTは、ワイモバイルのLTEと「SoftBank 4G」「SoftBank 4G LTE」という3つの高速ネットワークを利用できるモバイルWi-Fiルーターで、下り最大速度は165Mbps。さらに、2年間に関しては月々の高速データ通信が使い放題(※詳しくは後述)という魅力もある。

今回、GMOとくとくBBでは、305ZTを端末代0円、端末到着月の通信料は0円、その翌月を1ヶ月目とし、それから24ヶ月間は月額3,696円(※毎月100円相当のポイントプレゼントで実質3,596円)、そしてキャッシュバック20,000円という内容で提供している。

25ヶ月目以降の通信料は月額4,196円。

また、毎月の高速データ通信が使い放題というのは、月間データ量が7GBを超えた時にかかる速度制限の解除料が2年間に関しては0円になる、ということだ。7GBを超えると一旦速度制限が掛かってしまい、解除しなければならない、という面倒さはあるものの、通常は500MBごとに500円の解除料が2年間は0円なので、高速通信が使い放題ということになる。

Pocket WiFi 305ZT

ただし、一点注意したいのは、月々のデータ量上限は実質的にないが、直近3日間での通信量が1GBを超えた時には、翌日にかけて速度制限が掛かるので気を付けたい。

なお、その他の費用として、初期に事務手数料が3,000円発生する。

305ZTで下り最大165Mbpsを利用できるエリアは下記リンク先で確認できる。そのエリア以外では下り最大110Mbpsとなる。
4G 下り最大165Mbpsエリア情報

305ZTの主な仕様は、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)対応と、5GHzもサポートしており、Wi-Fi機器の同時接続可能台数も14台と多い。そのため、家でパソコンやタブレット、スマートフォン、ゲーム機など複数台の機器を接続するような用途にも使える。具体的な対応通信方式はW-CDMAが1.7GHz、FDD-LTEが2.1GHz、1.7GHz、900MHz、AXGPが2.5GHzとなっている。

バッテリー容量は2,700mAhで、連続通信時間は最大約9時間、連続待受時間は最大約1,000時間。

本体サイズは約117×62×13.9mm、重さ約150gだ。

【情報元、参考リンク】
GMOとくとくBB/305ZT キャンペーンページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑