ソフトバンク、CA対応で下り最大165MbpsのUSBスティック型データ通信端末403ZTを4月30日発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは22日、複数の周波数帯で同時に通信を行うことで速度を向上させる技術である「キャリアアグリゲーション」(以下、CA)に対応し、下り最大165Mbpsの通信が可能な、USBスティック型のデータ通信端末「SoftBank 403ZT」(ZTE製)を30日より法人向けに販売開始すると発表した。

SoftBank 403ZT

403ZTはSoftBank 4G、SoftBank 4G LTE、3Gに対応したデータ通信機器で、国内ではAXGPの2.5GHz、FDD-LTEの900MHz、1.7GHz、2.1GHz、W-CDMAの900MHz、2.1GHzをサポートする。

海外でもAXGP、FDD-LTE、W-CDMA、GSMをサポートする。

USBスティック型なのでサイズはコンパクト。約92.3×33.3×14mmで、重さは約42g。

利用可能な通信プランは「法人データ通信プランフラット(4G/LTE)」またはスマ放題「法人データプラン」となる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑