au回線を使った格安SIM・スマホの「mineo」がデータ量増量、700円の500MBコース新設。通信速度を自分で200kbpsに制限できるアプリも提供へ。SNS等の時はオンにすれば節約できる

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ケイ・オプティコムは6日、auのインフラを使った格安通信サービス「mineo(マイネオ)」において、6月1日より基本データ量が500MBのコースを新たに提供すると発表した。従来は最も少ない容量のコースで1GBだった。

改定内容

また、5月1日より、一部コースの基本データ量が料金据え置きで増量される。さらに、6月1日から、Android/iOS向けにデータ通信量節約のためのアプリ「mineoスイッチ」が提供される。

同社は「必要なものを、必要なだけ」というコンセプトのもと、500MBのコースを新設するとともに、2GBのコースを3GBに、4GBのコースを5GBに増量することを決めた。背景は、同社の調査ではスマートフォンユーザーの80%以上が5GB以下の利用で、その半数は1GB以下となっていること。

月額料金は500MBコースが700円、1GBコースが850円、3GBコースが980円、5GBコースが1,580円になる。

携帯電話のデータ利用状況
(2014年10月実施、15~69歳、N=1,086)

そして、アプリ「mineoスイッチ」だが、意外と便利かもしれない。

このアプリはデータ通信の速度を「高速」と「低速」に切り替えられるもので、低速にすれば、最大200kbpsに抑えられる。例えば、メールやSNSなどテキストベースの情報がメインの用途の時には低速に、動画視聴や音楽配信を楽しむ場合など、データ量が大きい時には高速にすることで、効率よく基本データ量を消費できるようになる、としている。

mineoスイッチ

【情報元、参考リンク】
ケイ・オプティコム/プレスリリース
mineo
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑