京急線全線の駅構内や列車内でWiMAX 2+が利用可能に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
京浜急行電鉄とUQコミュニケーションズは2日、京急線全線における「WiMAX 2+」のエリア整備が完了したと発表した。最近、UQコミュニケーションズは各地の鉄道におけるWiMAX 2+のエリア整備を急速に進めつつあるが、今回は新たに京急線でWiMAX 2+を利用できるようになった。

羽田空港国内線ターミナル駅とエアポート快特

京急線についても他の路線と同様、屋外設置された基地局でカバーできる場所については以前からWiMAX 2+を利用可能だったが、地下駅など一部利用できないエリアもあった。

そこでそれらの利用しづらい駅のエリア整備が進められ、2日の上大岡駅でのエリア整備をもって全線での対応が完了した。

この結果、京急線全線の駅構内や列車内でWiMAX 2+を使った通信が可能となっている。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑