「gooのスマホ」発表。Android 5.0搭載スマホとして最安1万円のg01からg03までの3機種を発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTレゾナントは22日、都内で事業戦略説明会を開催し、「gooのスマホ」を発表した。「gooのスマホ」ではスマートフォンの端末、通信サービス、アプリ、サポートをパッケージした「四位一体型のポータルサービス」として提供する。端末は「g01(ぐーまるいち)」「g02(ぐーまるに)」「g03(ぐーまるさん)」の3機種を用意し、端末価格はg01が1万円(税抜)、g02が2万円(税抜)、g03が3万円(税抜)となっている。ただし、端末単体での販売ではなく、通信サービスとのセットになる。

左の2つがg01、中央と右2つはg02、g03。g02とg03はデザイン共通。

3機種ともOSにはAndroid 5.0(Lollipop)を採用しており、同社によればg01はAndroid 5.0搭載スマートフォンとしては業界最安値になるということだ。3機種とも製造メーカーはZTE。予約受付は22日の11時から開始されている。

「gooのスマホ」では、スマートフォンは前述のg01からg03までの3機種、そこに通信サービスとしてNTTコミュニケーションズのMVNOサービス「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」をつけている。OCN モバイル ONEはNTTドコモ(以下、ドコモ)の3G/LTE回線網を使った格安通信サービスで、全国のドコモのFOMA/Xiエリアで利用できる。

「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」の月額は1,600円からで、これは1日110MBコースの場合。他にもコースが用意されているので、用途に合わせて選べばいい。月額1,600円の場合は内訳はデータ通信代が900円、音声通話代が700円となる。また、「050 plus」が無料で利用できる。

アプリは「goo milk feeder」と「goo やさしいスマホ」。これらアプリは無料だし、別に使わなくても構わないが、「goo milk feeder」はニュースアプリ、「goo やさしいスマホ」は初心者やシニアの方向けにシンプルなメニューで構成されたホームアプリとなっている。ちなみに「goo やさしいスマホ」はg01にはプリインストールされるが、g02、g03にはプリインストールされない。

サポートについては、オプションとして「グーの端末保証」と「グーの端末保証&安心サポート」が用意される。

「グーの端末保証」では、落下等による破損、水漏れによる故障時など、新品の同機種、または同等品と交換、届けてくれる。機種によって料金が異なり、g01で月額200円、g02で月額250円、g03で月額300円。保証期間は36ヶ月間で、ユーザー負担金は初回が3,000円、2回目が5,000円。

「グーの端末保証&安心サポート」は端末保証とサポートがセットになったサービスで、料金はg01から順に月額620円、630円、640円。電話とリモートサポートを利用できるが、具体的には端末の標準機能、使い方、設定、操作法、周辺機器との接続設定などをサポートしてもらえる。

次に機種の紹介だが、g01からg03までの主なスペックは下記の通り。

<g01>

g01

・ベース端末:ZTE Blade L3
・カラー:パールホワイト、パールレッド
・販売価格:10,000円
・OS:Android 5.0
・CPU:MediaTek MT6582M(クアッドコア1.3GHz)
・メモリ:1GB RAM、8GB ROM
・ディスプレイ:5インチTFT液晶、854×480ドット
・カメラ:メインが500万画素、サブが200万画素
・ネットワーク:W-CDMA【(B1) 2100MHz、(B6) 800MHz、(B19) 800MHz】、GSM【900/1800/1900MHz】
・Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n準拠
・Bluetooth:3.0
・バッテリー:1,850mAh
・サイズ:143.2×72.7×8.9mm
・重さ:150g

<g02>

g02

・ベース端末:ZTE Blade S Lite
・カラー:プラチナシルバー、プラチナピンク
・販売価格:20,000円
・OS:Android 5.0
・CPU:Snapdragon 410 MSM8916(クアッドコア1.2GHz)
・メモリ:1GB RAM、8GB ROM
・ディスプレイ:5インチIPS液晶、1,280×720ドット
・カメラ:メインが800万画素、サブが500万画素
・ネットワーク:
LTE【(B1) 2100MHz、(B3) 1700MHz、(B19) 800MHz】
W-CDMA【(B1) 2100MHz、(B6) 800MHz、(B19) 800MHz】、GSM【900/1800/1900MHz】
・Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n準拠
・Bluetooth:4.0
・バッテリー:2,400mAh
・サイズ:144×70.7×7.7mm
・重さ:132g

<g03>

g03

・ベース端末:ZTE Blade S
・カラー:プラチナシルバー、プラチナピンク
・販売価格:30,000円
・OS:Android 5.0
・CPU:Snapdragon 615(オクタコア1.5GHz/1.0GHz)
・メモリ:2GB RAM、16GB ROM
・ディスプレイ:5インチTFT液晶、1280×720ドット
・カメラ:メインが1300万画素(Exmor RS)、サブが500万画素
・ネットワーク:
LTE【(B1) 2100MHz、(B3) 1700MHz、(B19) 800MHz】
W-CDMA【(B1) 2100MHz、(B6) 800MHz、(B19) 800MHz】、GSM【900/1800/1900MHz】
・Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)準拠
・Bluetooth:4.0
・バッテリー:2,400mAh
・サイズ:144×70.7×7.7mm
・重さ:132g

※後ほど別途取材レポート記事を公開予定。

【情報元、参考リンク】
gooのスマホ公式サイト
NTTレゾナント/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑