ゲオとNTTコムが提携し、格安スマホ「ゲオスマホ」、割引クーポン付きの格安SIM「ゲオ×OCN SIM」が登場

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ゲオホールディングスは2日、NTTコミュニケーションズと業務提携を行い、スマートフォン・サービス「ゲオスマホ」を同日提供開始すると発表した。

各サービスについて(※クリックして拡大)

ゲオがモバイル業界に関する事業を行うのは今回が初めてではなく、2009年7月から中古携帯端末の取扱いを始めている。さらに、昨年4月には格安SIMカードの販売も全国で開始している。それだけに格安スマートフォン事業に取り組む下地は既にできていることになる。

一方のNTTコミュニケーションズは、NTTドコモの回線網を使った格安サービス「OCN モバイルONE」を提供し、MVNO市場で大きなプレーヤーとなっている。

今回、両社が組むことで、独自のモバイル通信サービス「ゲオ×OCN SIM」が誕生し、全国のゲオ1,047店舗で販売開始となった。

この「ゲオ×OCN SIM」では契約者特典として、全国のゲオで利用できる毎月100円の割引クーポンも貰えるようになっている。このクーポンは会員証アプリ「ゲオアプリ」で入手できる。

「ゲオ×OCN SIM」では計5つのコースが用意される。速度制限なく利用できるデータ容量別が4つと、速度が最大500kbpsに抑えられるものの月15GBまで使えるコースの計5つだ。前者4コースは一日110MB、一日170MB、月3GB、月5GBの4種類で、それぞれXiでは下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsで利用できる。上限に達した場合には速度制限がかかる。

各コースの料金は音声通話を付けるか付けないか、SMS対応を付けるか付けないかで変わってくる。以下、データ通信専用、SMS対応、音声対応の順に月額料金を記す。

・110MB/日:900円、1,020円、1,600円
・170MB/日:1,380円、1,500円、2,080円
・3GB/月:1,100円、1,220円、1,800円
・5GB/月:1,450円、1,570円、2,150円
・500kbps:1,800円、1,920円、2,500円

そして、ゲオスマホというのは、「ゲオ×OCN SIM」と新品もしくは中古のスマートフォンを組み合わせたサービス。新品についてはSIMフリーのAndroidスマートフォン2機種が投入される。新品スマートフォンはfreetel製の「priori2」とファーウェイ製の「G620S」。

そして中古については、ゲオが保有する中古スマートフォンから選ぶことになる。

中古の端末についても初期不良対応が1ヶ月付くので安心して購入できるはずだ。さらに、5月からは長期保証やオプションサービスが付いた有料保証サービスも登場する予定。

端末代については一括払いのほか、12回もしくは24回の分割払いも可能となっている。また、「ゲオ×OCN SIM」付きではなく、端末だけの購入も可能だ。

さらに、何でも相談できる「スマホ相談員」も50店舗から開始し、順次各店舗へ拡大配置される予定となっている。格安スマートフォン、格安SIMについての相談を対面でできるのは、店舗を持っているゲオの強みの一つと言える。

【情報元、参考リンク】
ゲオスマホについて
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑