ドコモ、各種名称をdポイントなど「d〜」に統一へ。プレミアクラブはdポイントクラブ、DCMXはdカード、docomo IDはdアカウントへ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は28日、2014年10月に掲げた中期目標に向けた新たな取り組みの一環として、「+d(プラスディー)」の展開を進めると発表した。

一体何のことか? というと、ドコモの各種サービスのブランド名称を「d」を冠したものに統一することで、ドコモのサービスだということを分かりやすくし、パートナーとともに新たな価値を作り出していきたい、ということで、それを「+d」というワードで展開していくようだ。

逆に分かりにくくなる気がしないでもないが、ポイントサービスは現行の「ドコモポイント」が「dポイント」に、「ドコモプレミアクラブ」が「dポイントクラブ」に、クレジットカードサービスの「DCMX」が「dカード」に、ユーザーIDの「docomo ID」が「dアカウント」になる。

DCMXに関しては「dカード」になることで分かりやすいかもしれないが、残りの3つに関しては「ドコモ」や「docomo」といったワードから「d」に変わるので、暫くの間は混乱するかもしれないが、おそらく時間が経てば慣れるだろう。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑