ドコモ、「ドコモ地図ナビ」の地図アプリに屋内ナビゲーション機能を13日に追加へ。全国320カ所の地下鉄駅構内や地下街でのナビが可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は9日、「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」のAndroid向け「地図アプリ」に「屋内ナビゲーション機能」を追加し、全国320カ所の地下鉄駅構内や地下街でのナビゲーションを利用できるようになると発表した。

屋外ナビから屋内ナビに自動移行できる

新機能では、GPS測位が困難な屋内環境においても、屋外と同様に精度の高いナビゲーションを利用することが可能となっている。

利用しているのはスマートフォンに搭載されているセンサー。各センサーからの情報に独自の解析技術を組み合わせ、歩行者の動きを捉える「自律航法」技術を活用している。この自律航法技術と地図データを照らし合わせることで、今ユーザーがどの場所にいるのかを判断し、ナビゲーションしていく。

地下エリアではWi-FiやBLE、Beaconなどを活用しての測位も可能だが、やはり誤差が大きく生じることがあり、精度の高い屋内ナビゲーションは厳しいとされてきた。今回のスマートフォンの各種センサーを活用する自律航法技術の場合、より高い精度でのナビゲーションが可能になる、ということだ。

また、今回のアップデートでは、屋内ナビゲーション機能のほか、ナビ開始時の目印として、近くにある施設・店舗を案内する「一歩目案内機能」や、アプリ起動から最短2タップですぐにナビが開始できる「すぐナビ」機能なども追加される。

アップデートは4月13日11時に提供開始となる予定。屋内ナビゲーション機能自体は追加料金なく利用できるが、「ドコモ地図ナビ」自体は月額300円のサービスとなっている。

【情報元、参考リンク】
ドコモ地図ナビ公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑