横浜市営地下鉄でWiMAX 2+のサービス提供開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは5日、横浜市営地下鉄の全駅構内や列車内において「WiMAX 2+」の提供を開始したと発表した。すでに利用可能だった「WiMAX」に加えて、WiMAX 2+のエリア整備が完了したことで、対応モバイルWi-Fiルーターやスマートフォンなどの各機器でWiMAX 2+での通信が可能になった。

横浜市営地下鉄車両

なお、「WiMAX 2+」は、3月5日に一部を除くエリアが一斉に「4x4 MIMO」による下り最大220Mbpsに対応したので、通信環境が大幅に向上している。また、「WiMAX 2+」では、「キャリアアグリゲーション」導入も進められており、こちらについては順次エリア整備が進められている段階だ。

同社は今後も全国の主要鉄道路線におけるエリア整備も進めていく。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑