エレコム、11ac対応の小型Wi-Fiルーター「WRH-733Gシリーズ」を発表。子機モード搭載で有線LAN搭載テレビのWi-Fi化なども可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
エレコムは24日、小型のWi-Fiルーター「WRH-733Gシリーズ」を発表し、4月上旬より順次発売する。WRH-733Gシリーズは、11acに対応し、Wi-Fi機器間で最大433Mbpsでの通信ができることが大きな魅力。

WRH-733GBK〈ブラック〉、WRH-733GWH〈ホワイト〉

自宅の固定回線で使ってもいいが、小型軽量なので、エレコムは製品ジャンルとしては「ホテルルーター」と謳っている。ホテルなどの宿泊先の部屋に引かれた有線LANポートに接続し、手軽にWi-Fi環境を構築しよう、という用途向けの製品になる。もちろん、自宅での利用も問題ない。

本体サイズは約68.9×64×14.5mmで、重さは約35g。

電源はmicroUSB端子経由で取るため、手持ちのスマートフォン用のUSB-ACアダプタなども流用できる。本体パッケージにもACアダプタは同梱されている。

Wi-Fiは5GHz帯の11ac/n/aのほか、2.4GHz帯の11n/g/b規格のデュアルバンドに対応しているので、最新のスマートフォンやタブレット、ノートPCのほか、Wi-Fi対応が古い携帯ゲーム機なども問題なく接続できる。マルチSSIDにも対応しているので、Wi-Fi機器が多い場合や複数人で使う場合にも便利だ。

他にも便利な機能として「子機モード」(コンバーターモード)がある。

これは有線LANポートを持つ機器に接続することでWi-Fi化できる、という機能。例えば、少し前のテレビの場合、Wi-Fiを非搭載で、有線LANポートのみ、という機種が多いが、それらの機種でも有線LANポートに本機を接続することでWi-Fiでインターネットに繋ぐことが可能になる。

【情報元、参考リンク】
エレコム/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑