販促品やイベントなどで手軽にVRゴーグルを配れる時代へ。A4、1mm厚の紙製の組み立て式VRゴーグル「スマホVRシート」の受注を開始へ。5千枚制作時で1枚300円

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
発砲PPシート製のVR(バーチャル)ゴーグル「スマホVRボックス」などを開発・販売してきたサナリスは新たなモデルとして、「スマホVRシート・VRS-F1」を開発し、4月10日に販売開始すると発表した。

紙のシートを組み立てるとVRゴーグルになる

まず、スマホVRボックスというのは、A4サイズのシートをVRゴーグルに組み立て、スマートフォンを指定の位置にセットすることで、3D、VR、パノラマ写真などを楽しめる、という製品。

GoogleのCardboardに代表されるように同種の製品には段ボールを使ったものが多く、既に各社から続々とリリースされているが、スマホVRボックスでは発砲PP材を使うことで、耐久性を確保できるとともに、顔の皮脂などが付着することでの劣化もない、という魅力があった。

一方、今回新たに登場するスマホVRシートは、厚紙製だ。スマホVRボックスの利点とはまた違う利点を持つ製品になる。厚さが僅か1mmで、オリジナル印刷にも対応できるため、企業がPR・販促グッズとして配布したり、販売することに向いており、低価格で制作することができる。ライブなどのイベントや、観光地、不動産関係、各種施設、学校など様々な用途で手軽に配布、利用することも考えられる。雑誌などの付録にもいいかもしれない。

要となるレンズには最新鋭の超薄型レンズ「VRL-W30」を採用している。

セット可能なスマートフォンは約5インチから5.5インチの画面を持つものだが、ある程度余裕があるので、大抵の機種であれば問題なく利用できる。

VRコンテンツをセットしたスマートフォンで再生すれば、頭の角度、向きに応じて画面が動き、バーチャルな体験ができ、「サイド・バイ・サイド」の3D動画を表示して立体視を体験することもできる。また、360度パノラマコンテンツの視聴にもいい。



この製品は一般ユーザー向けに1枚単位で売られることはないが、1,000枚単位での発注が可能となっている。参考価格は5,000枚の場合で1枚あたり300円。これには片面4色印刷代が含まれる。ただし、シート表面のデザインやパッケージ、封入は別途となる。

また、発売を記念し、限定数ながらサンプルの提供キャンペーンが実施される。

関心のある企業・団体などの関係者の方は4月10日から下記リンク先から用途、要項等を記入の上連絡すればサンプルが貰える。サンプルの予定総数は200個となっている。
サンプル問い合わせページ


【情報元、参考リンク】
スマホVRシートについて
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑