KDDIが自宅に居ながら健康チェックができる「スマホdeドック」を提供へ。在宅検査キットで微量の血液を採取、郵送すると結果が出る

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは16日、自宅にいながらにして自分の健康状態を調べることができるセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」の提供を今夏をめどに開始すると発表した。

サービスイメージ

さらに、サービスの提供開始に先立ち、4月中旬から来年の3月末までの間、順次、全国20市区町村・2健康保険組合と提携し、対象となる約24万人の市民・社員の方に無料で提供するという。該当者はサービスを無料利用できるので、今後の案内をチェックしていこう。

さて、この「スマホdeドック」だが、専用の在宅検査キットと、スマートフォンやパソコンから検査結果を確認できるWEBサービスを組み合わせたものとなる。子育て中の専業主婦や自営業の方など、健康診断の受診時間がなかなか取れない方でも気軽に健康チェックができる。

スマホ画面のイメージ(※クリックして拡大)

サービスの第一弾として、リージャーと事業提携し、「生化学14項目血液検査サービス (以下、血液検査サービス)」が提供される。

専用の検査キット「デメカル血液検査セットFF」を使って0.065mlという微量の血液を採取し、専用検査センターに郵送すると、約1週間後にWEB上のページで、糖尿病の指標を含む14の検査項目結果を確認することができる。

さらに、検査結果に対する医学的見地からのコメントや、悪化要因・改善ポイントに関するアドバイス、自宅近くの病院を検索できる機能なども提供される。

費用は、生化学14項目検査1回につき4,980円(税抜)となっていて、WEBサービスはAndroid 4.1/4.2/4.4、iOS7以降、Windows 7/8.0/8.1、Mac OS 10.6以降の環境で利用できる。



【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑