格安スマホ・SIMの「DMM mobile」、2GBプランを追加。全プランを業界最安値に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comは26日、格安スマートフォン・格安SIMサービス「DMM mobile」において、新たに2GBプランを追加し、価格を全プラン業界最安値で提供すると発表した。

DMM mobileはIIJ(インターネットイニシアティブ)からサービス提供を受け、インフラはNTTドコモ(以下、ドコモ)の3G/LTEを利用した格安通信サービスで、高速通信ができるプランとしては、月間1GBでのプランが月額660円となっている。

DMM mobileはプラン数が多い点も特徴で、実際にどれくらいの通信を毎月行うかに合わせて選べる。逆に分かりづらいとも言えるが、選択できるスマートフォンの機種数も多いので全体的に見て、サービスのローンチ段階から整ったレベルだった。それが、さらに2GBのプランを増やし、各プランの料金を下げたので、より充実した格好だ。

先に述べたように通信網はドコモなので、ドコモのFOMA/Xiエリアで通信が可能で、高速通信時は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなる。

プランはデータ通信だけのプランと音声通話に対応したプランに大きく分かれ、それぞれ月間データ量で細かく分かれている。

■データSIMプラン
  • 1GB・・・660円
  • 2GB・・・770円
  • 3GB・・・850円
  • 5GB・・・1,270円
  • 7GB・・・2,040円
  • 8GB・・・2,140円
  • 10GB・・・2,250円

■通話SIMプラン
  • 1GB・・・1,260円
  • 2GB・・・1,470円
  • 3GB・・・1,550円
  • 5GB・・・1,970円
  • 7GB・・・2,740円
  • 8GB・・・2,840円(SIM2枚の場合は3,540円、3枚では4,240円)
  • 10GB・・・2,950円(SIM2枚では3,650円、3枚では4,350円)

通話SIMプランでは、家族などで使う場合に便利なシェアプランが利用でき、8GBと10GBプランでは最大で3枚までSIMを発行できる。

通信速度はそれぞれプラン規定量を超えるまでは制限なく利用でき、超えた場合には月末まで最大200kbpsに抑えられることになる。

選べる機種は「HUAWEI Ascend G620S」「freetel XM」「HUAWEI Ascend Mate7」「ASUS ZenFone5」「LG G2mini」「ASUS Nexus7」の6機種だ。

【情報元、参考リンク】
DMM mobile
DMM mobile情報まとめ記事
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑