ドコモ、4880mAhバッテリー搭載、受信時最大225Mbps対応ルーター「Wi-Fi STATION L-01G」を発売。アップデートも配信開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
L-01G
NTTドコモ(以下、ドコモ)は25日、次世代ネットワーク「LTE-Advanced」に対応し、受信時最大225Mbpsでの通信が可能なモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION L-01G」(LGエレクトロニクス製)を販売開始した。

あわせて、同日、アップデートの配信も開始された。アップデートの主な内容は、データ通信量の表示が自動的にリセットされない場合がある、という不具合の解消。アップデートはL-01G本体のみで導入可能で、ホーム画面から「メニュー」→「ソフトウェア更新」→「更新を確認する」→「更新」と進めればいい。

ドコモは現在、LTE-Advancedと呼ばれる、次世代通信技術を使ったサービスを「PREMIUM 4G」という名で提供開始しており、全国22都道府県の都市部を中心にエリア化している。それらのエリアでは対応端末であれば受信時最大225Mbpsでの通信が可能で、今回発売になったWi-Fi STATION L-01Gはその一つだ。もう一つは「Wi-Fi STATION HW-02G」で、そちらも発売されている。
受信時最大225Mbps対応エリアについてはこちらを参照

PREMIUM 4Gは「Xi」や「FOMA」と別料金のサービスではないので、現行の料金プランで利用できるので、料金面に関しては特に注意すべき点はない。対応端末と対応エリアでありさえすれば、受信時最大225Mbpsでの通信が利用できる、ということだ。

Wi-Fi STATION L-01Gの大きな特徴はLTE-Advancedに対応していることだが、もう一点大きな特徴がある。それは4,880mAhと、モバイルWi-Fiルーターとしては大容量のバッテリーを搭載していることだ。これによって、Wi-Fi STATION L-01Gでは、LTE-Advanced接続時で最大17時間、LTE時で最大20時間、3G時で最大18時間の連続通信が可能となっている。また、連続待受時間は約2,200時間だ。

Wi-Fiに関しても11acの5GHzに対応しているので、ノートPCや最新のスマートフォンやタブレットなどとの間で快適な通信が可能だ。具体的にはIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)に対応し、最大で10台までのWi-Fi機器を接続できる。

本体サイズは約107×65×20mmで、重さは約186g。大容量バッテリーを搭載していることもあり、それなりのサイズだが、速く、そして長時間運用できる点を重視したい方には問題ないだろう。

また、Wi-Fi STATION L-01Gはモバイルバッテリー代わりにすることもでき、スマートフォンやタブレットなどを充電することが可能だ。

なお、Wi-Fi STATION L-01Gはドコモオンラインショップでは、端末代は19,440円(税込)だが、「月々サポート」が19,440円なので、実質0円だ。しかも、「ルーター特別割引」や「オンラインショップ期間限定割引」なども適用するとさらに割引となっている。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/Wi-Fi STATION L-01Gの製品アップデート情報
ドコモオンラインショップ/Wi-Fi STATIOM L-01
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑