ドコモ、下り最大225Mbps対応モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」を2月18日発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は16日、3月から提供開始予定の「LTE-Advanced」に対応し、下り最大225Mbpsでの高速通信ができるモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」(ファーウェイ製)を18日に発売すると発表した。

Wi-Fi STATION HW-02G

HW-02G最大の特徴は、LTE-Advanced対応で下り最大225Mbpsでの通信ができること。下り最大225Mbpsに対応するエリアはまずは一部のみからとなるが、HW-02G最大の魅力だ。

なお、冒頭で述べたようにLTE-Advancedのサービス提供は3月の予定なので、それまでの間は下り最大150Mbpsでの利用になる点には注意が必要だ。

また、Wi-FiもIEEE802.11ac対応なので、Wi-Fi機器との間の接続も高速だ。具体的にはIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)に対応する。さらに、HW-02G単体利用時には最大で10台までのWi-Fi機器を接続できるが、クレードルを使用した時には最大で20台までの機器を接続できる。そのため、接続したい機器の台数が多い家での利用でも十分に対応できるはずだ。

クレードル使用では同時接続可能台数が増えるだけでなく、高出力Wi-Fi送信になるので、より広範囲での利用も可能になる。

その他の機能面では、2.4インチ(解像度:QVGA)のタッチパネル液晶を搭載しているので、タッチ操作で分かりやすい点、スリープ状態になってもスマートフォンからBluetooth接続で遠隔解除ができることなどが挙げられる。

バッテリー容量は2,400mAhで、LTE-Advanced利用時でも連続で最大約8時間の通信が可能となっている。3Gでは最大約8時間、LTEでは最大約9時間の通信が可能だ。連続待受時間は約970時間。

本体サイズは約58×95×14.3mm、重さは約110g。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/Wi-Fi STATION HW-02G製品ページ
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑