ソニー、ヘッドホン一体型ウォークマンと同スタイルのウェアラブル機器「Smart B-Trainer」を発表。音楽再生、ランニング記録、心拍数測定、音声コーチングなど。水泳利用も可

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーは12日、ヘッドホン一体型ウォークマンと同スタイルのウェアラブル機器「Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)」(SSE-BTR1)を発表した。ホワイト、ブラック、ブルー、ピンクの計4色のラインナップで3月7日に発売する。想定される市場価格は27,000円前後。


Smart B-Trainerは、ヘッドホン一体型ウォークマンとフィットネス用のウェアラブル機器が融合した製品だ。

ヘッドホン一体型のコンパクトなボディに心拍、加速度、GPS、コンパス、ジャイロ、気圧といった6種類のセンサーを搭載し、11種類のランニング記録を採ることが可能となっている。11種類のデータとは、心拍数、消費カロリー、距離、時間、スピード、ペース、ピッチ、歩数、ストライド、走行ルート、高度だ。

さらに、16GBのストレージを搭載しているため、音楽データを転送しておけば単体でウォークマンとしての利用もできる。

もちろん、スマートフォンとBluetooth接続し、スマートフォンの音楽をヘッドセットとして楽しむこともできる。

また、IPX5/IPX8相当の防水性能を持っているので雨の中でのランニングでも安心な上、水泳用のイヤーピースを使えば水泳中の利用も可能だ。

このSmart B-Trainerでは、スマートフォン向けアプリ「Smart B-Trainer for Running」との連携ができる。アプリは無料だ。このアプリでトレーニングメニューを設定し、最適なプランでトレーニングしていくことができる。

しかも、マラソン解説やランニングコーチとして知られる金哲彦氏が監修したメニューでトレーニングすることもできる。このトレーニングでは、トレーニング中に金哲彦氏の音声によるコーンチングを聞くこともできるので、一人で黙々とトレーニングするよりも続けやすいかもしれない。トレーニングメニューは今後順次追加される予定だ。

スマートフォン向けアプリにランニング記録を転送すれば、アプリでその日の結果を詳しく知ることができる。グラフで確認することもできるので、トレーニング履歴を元にメニューを変えていく場合などに役に立つはずだ。

(左から)デバイスからアプリにログ転送(イメージ)、
結果表示画面(グラフ)、結果表示画面(サマリー)、履歴表示画面



【情報元、参考リンク】
ソニー/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑