九州大学でWiMAX 2+を使ったキャンパスネットワークへのアクセスが可能へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
九州大学 情報統括本部とUQコミュニケーションズは19日、「WiMAX 2+」を使用して九州大学のキャンパスネットワーク「KITE」へ直接接続できる環境を構築し、20日より運用を開始すると発表した。

これまでも「WiMAX」による接続は可能だったが、新たにWiMAX 2+にも対応する。

九州大学では、コンシューマー製品を活用する取り組みを推進し、2013年度の新入生からは個人PCの持参を必須とし、それにあわせてキャンパス内の主な講義室や図書館に5GHz帯対応の高速Wi-Fiポイントを整備している。

そして、より広域な接続手段として専用モバイルWiMAXサービスでの接続にも対応するなど、KITEへのアクセス環境の向上に取り組んできた。

今回はより高速なWiMAX 2+へ対応することで、より快適なアクセス環境が利用可能になる。





【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑