KDDI、Firefox OSスマホ「Fx0」向けアプリを公式サイト上で投稿できる機能を追加。また、次世代炊飯器「INFOJAR」のソースコードも公開

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは9日、Firefox OS搭載スマートフォン「Fx0」に搭載されたアプリ作成ツール「Framin」で作成したアプリやHTML5ベースで作成した作品などを、公式サイト「au Firefox OS Portal Site」上の「Creator Showcase」において、自由に投稿できる機能を追加したと発表した。

次世代炊飯器「INFOJAR」

これにより、様々な作品が投稿され、プラットフォーム全体が活性化されることが期待される。

さらに、それらの作品のソースコードの公開も可能なので、開発ノウハウやTipsを開発者間で共有し、学べる場にもなることが期待される。そして、他のデベロッパーが公開したソースコードを自分好みにカスタマイズするようなこともできる。

様々なノウハウを共有できるCreator Showcase

また、今回の機能追加にあわせて、au未来研究所で制作された次世代炊飯器「INFOJAR」のソースコードも「Creator Showcase」で公開されている。

【情報元、参考リンク】
KDDI/au Firefox OS Portal Site「Creator Showcase」
次世代炊飯器「INFOJAR」のソースコード
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑