SIMフリースマホブランドの「freetel」が最新のWindows Phone搭載スマートフォンを今夏までに国内で発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
SIMフリーのスマートフォン「freetel」シリーズを販売するプラスワン・マーケティングは27日、Microsoft社の最新のWindows Phone OSを搭載したスマートフォンを日本国内で今夏までに発売すると発表した。

Windows Phone 8.1搭載スマートフォン

Windows Phone搭載スマートフォンはauからIS12Tが2011年夏に発売されて以降、日本では通信キャリアのラインナップから消えてしまったが、SIMフリースマートフォン「freetel」シリーズを手掛ける同社から新たに販売される。

OSはWindows Phone 8.1で、CPUはクアッドコア64bitプロセッサ、ディスプレイは約5.0インチのHD解像度のもの、メモリは1GB RAM、8GB ROMと、スペック面では際立って良い、というレベルにはないが、Windows Phoneを待ち望んでいる方には貴重なモデルとなりそうだ。

カメラは背面メインカメラが約800万画素、前面のサブカメラが約200万画素で、バッテリー容量は2,500mAhだ。

SIMフリーモデルなので、対応する通信方式を採用している通信会社のサービスであれば、自由に選択できる。

同社は3月2日からスペイン・バルセロナで開催される世界最大の携帯通信関連見本市「Mobile World Congress 2015」(MWC 2015)に出展し、このモデルを展示することも明らかにしている。

【情報元、参考リンク】
freetel
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑