エレコム、今話題の自撮り棒を2タイプ発売へ。最長1mまでの距離から自分撮りができる。角度調整も可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
エレコムは3日、スマートフォンを装着することで、最大1m離した位置からでも手軽に自分撮りができるようになるアイテム「自撮り棒」2タイプを2月中旬に発売すると発表した。

利用イメージ

アジアなど海外では流行しつつある「自撮り棒」だが、日本でも各社からリリースされ始めている。スティック状のアイテムで、スマートフォンをホルダーに挟み、少し離した位置から写真撮影が可能になる。

今回エレコムから発売になる自撮り棒も一般的な機能を持ち、装着したスマートフォンの角度調整が左右360度、上下180度の範囲で可能で、長さは23cmから100cmまでの間で調整することができる。

1つはAndroidスマートフォン、iPhoneに両対応した「P-SSN01」シリーズで、もう1つはiPhone対応の「P-SSY01」シリーズ。

「P-SSN01」シリーズは4.0から6.0インチのスマートフォンに対応するモデルで、具体的には横幅が58から83mm、奥行きが12mm以内のスマートフォンを装着できる。撮影はスマートフォンのセルフタイマー機能を利用して行うことになる。

「P-SSN01」シリーズ

一方、「P-SSY01」シリーズはiPhone専用で、手元にシャッターボタンがついている。iPhoneのオーディオ端子にケーブル接続することで、スティックの手元にあるシャッターボタンを使っての撮影ができる。iPhoneの場合にはこちらの方が便利だろう。

「P-SSY01」シリーズの場合は有線接続し、手元のシャッターボタンを使える

【情報元、参考リンク】
エレコム/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑