ドコモ、dtab新モデル、8インチの「dtab d-01G」を2月26日に発売へ。実質0円での提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は23日、8インチサイズのディスプレイを搭載したAndroidタブレット「dtab d-01G」(ファーウェイ製)を26日に発売すると発表した。

dtab d-01G

ドコモオンラインショップにおける販売価格は、「月々サポート」の適用で実質0円で、また2台目としての購入であれば、購入日から最大24ヶ月、月々実質1,950円から利用できる。

dtab d-01Gは、ドコモの動画配信サービス「dビデオ」や音楽配信サービス「dヒッツ」、電子雑誌サービス「dマガジン」などを楽しむためにちょうどよいタブレットだが、普通のAndroidタブレットとしての利用ももちろんできる。Google Playからアプリをダウンロードし、自由にインストールできるので、手頃な8インチタブレットを求める方にも悪くない端末だ。

dtab d-01G

しかも、今回のdtabはデザインも悪くなく、ベゼルが狭く、ボディが薄いこともあってスタイリッシュだ。ボディサイズは約215×121×7.9mmで、重さは約340g。

ディスプレイのサイズは約8インチで解像度は800×1,280ドット、プロセッサはHisilicon Kirin 910(1.6GHzクアッドコア)、メモリは1GB RAM、16GB ROM、バッテリー容量は4,650mAh、ネットワークはLTE対応で下り最大150Mbps、上り最大50Mbps、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)対応、外部メモリとして最大32GBまで対応したmicroSD/microSDHCカードスロットを搭載、カメラは約500万画素のメインカメラと約100万画素のサブカメラ、Bluetooth 4.0対応といった基本スペックになっている。OSはAndroid 4.4だ。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/dtab d-01G製品ページ
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑