ビッグローブでも下り最大220Mbps対応ルーター「W01」を販売開始。タブレット「Fire HD 7」プレゼント+キャッシュバック特典あり

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
220Mbps対応のW01
ビッグローブは2日、同社が提供中のモバイル通信サービス「BIGLOBE WiMAX 2+」における2月のキャンペーン内容を明らかにし、提供開始した。2月のキャンペーンは2日スタートで、3月1日が終了日となる。

先月までのビッグローブのキャンペーン内容は他社と比べるとあまり良くなかったため、その時期にWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーターの購入を検討していた方はビッグローブを候補から外してしまっていたかもしれない。

しかし、2月は内容が改善され、特典が増えている。

まず、他社に遅れる形にはなったが、下り最大220Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーター新製品「Speed Wi-Fi NEXT W01」(実機レポート記事はこちらを参照)の取扱いが始まった。価格はオプションのクレードル付きで0円だ。

カラーバリエーションは2色。

なお、W01はWiMAX 2+(最大220Mbps対応。ただし3月配信予定のアップデート導入までは110Mbps対応)とauの「4G LTE」に対応するモバイルWi-Fiルーターだ。

そして特典は2つ。

一つ目はタブレットで、Amazonの「Fire HD7」か「Fire HD6」が貰える。価格はFire Hd7の方が高いので、それだけを考えればHD7の方がお得だ。ただし、条件が異なる。BIGLOBE WiMAX 2+を2年間継続利用することは共通条件で、途中解約した場合には違約金が1年目の場合は19,000円、2年目では14,000円かかることも同じ。

しかし、途中解約時には上記違約金とは別にFire HD特典の違約金が別途発生する。Fire HD7では9,500円、Fire HD6では4,000円だ。途中解約を考えていないのであれば、やはりFire HD7の方がオススメだろう。

二つ目の特典はキャッシュバックで、6ヶ月目までの継続利用をした方には2,000円のキャッシュバックがある。

すなわち、Fire HD+2,000円キャッシュバックという特典内容だ。

通信費はサービス開始翌月から24ヶ月間は月額3,695円(ビッグローブの基本コース「ベーシック」の月額200円含む)で、それ以降は4,195円。

WiMAX 2+は2月20日から月々のデータ通信量制限がない新料金プランが始まるが、2月19日申込分までは現行プランでも2年間についてはデータ通信量制限がない。そのため、W01を購入する場合には19日までに現行プランに入る方がトータルではお得だ。



【情報元、参考リンク】
BIGLOBE WiMAX 2+
2月の各社のWiMAX 2+キャンペーン情報まとめ記事
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑