エレコム、小型Wi-Fiルーターにカードリーダー機能がついた「WRH-300CR」シリーズを発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
エレコムは6日、約65×24×18mm、重さ約25gと小型軽量サイズながらWi-Fiルーター機能とカードリーダー機能を搭載した製品「WRH-300CR」シリーズを発表した。


WRH-300CRシリーズはカラーがブラックのWRH-300CRBKと、ホワイトのWRH-300CRWHの2製品が用意され、標準価格は4,470円(税抜)。

とても小さい製品で有線LANポートも搭載しているので、旅先のホテルの部屋にある有線LANをWi-Fi化したり、家でホームWi-Fiルーターとして使ったりと、様々な用途が考えられる。Wi-Fi規格はIEEE802.11b/g/n準拠で、転送速度は最大で300Mbps。

また、子機モード(コンバーターモード)も搭載するので、有線LANポートを持つネットワーク機器の無線化も可能だ。例えば、Wi-Fiは非搭載だが有線LANポートは搭載しているテレビなどに子機モードで接続することで、テレビをWi-Fiでホームルーターと接続することもできる。

また、SD/microSDカードスロットを搭載することに加え、USBメモリやUSB HDDなどのUSBストレージを接続可能なUSBポートも搭載している。SDカードやストレージに保存されたデータにはWi-Fi経由でアクセスできるので、スマートフォンやタブレットとPC間でのデータのやり取りなどにも使える。

SDカードスロットとmicro SDカードスロットを搭載する

USBメモリなどのUSBストレージを接続できるUSBポート

給電用のmicroUSBポートを搭載。電源はここから取る。

下はAmazon.co.jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
エレコム/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑