UQ、WiMAX 2+対応ホームルーター「URoad-Home2+」を発表。最大18台の機器を接続可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
URoad-Home2+
UQコミュニケーションズは15日、「WiMAX 2+」に対応したホームルーター「URoad-Home2+」(シンセイコーポレーション製)を発表した。このURoad-Home2+はWiMAX 2+の下り最大110Mbpsに対応したルーターで、同日発表されたモバイルWi-Fiルーターの新製品「W01」や「WX01」と異なり、下り最大220Mbpsには対応しない。

対応ネットワークはWiMAXとWiMAX 2+で、WiMAX/WiMAX 2+を固定回線代わりに使いたい場合に利用するルーターとなる。

ホームルーターなので、モバイルWi-Fiルーターよりも同時接続可能な機器の台数が多いことが大きな魅力で、有線LANポートが2つと、Wi-Fiが同時に16台までの計18台の機器を接続することが可能になっている。

パソコンやスマートフォン、タブレット、インターネット接続可能なテレビ、据置ゲーム機、携帯ゲーム機など様々な機器を接続することができる。

本体サイズは約140×170×53mmで、重さは約311g。Wi-Fiは2.4GHzがIEEE802.11b/g/n準拠、5GHzがIEEE802.11a/n準拠となっている。電源はACアダプターから取るようになっている。


【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
UQ WiMAXオンラインショップ
GAPSIS/WiMAX 2+対応ルーター新製品「W01」発表
GAPSIS/4x4 MIMO、220Mbps対応のWiMAX 2+ルーター「WX01」発表
UQ、新料金プラン「UQ Flat ツープラス ギガ放題」を提供へ。下り最大220Mbpsの高速通信が月額4380円でデータ量上限なく使い放題
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑