東芝、スマホなど向けに10W級の高速充電ワイヤレス給電用システムを開発。従来の5V/1Aから7V-12V/1Aに出力を拡張

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
東芝は6日、スマートフォンなどのモバイル機器向けに、WPC(Wireless Power Consortium)の「Qi(チー)」規格で定められるLP v1.1を使用した10W級のワイヤレス給電用システムとして、充電用のIC「TC7765WBG」と送電用のIC「TB6865AFG Enhanced Version」を開発したと発表した。

サンプル出荷は今月下旬から、量産は6月からの予定となっている。サンプル価格はTC7765WBGが320円、TB6865AFG Enhanced Versionが500円。

Qi規格に準拠したワイヤレス充電に対応したスマートフォンやタブレットは既に数多くの機種が存在しているが、USBケーブルを使った有線での充電と比べて、フル充電までに掛かる時間が長いことがネックとなっている。そのため、より高速で充電できるシステムの登場は嬉しいニュースだ。

新開発された受電用ICのTC7765WBGは、出力電圧を従来の5V/1Aから7V-12V/1Aへと高くすることで、電力量の拡張を実現している。また、給電制御のプロトコル認証処理をロジック化した回路を内蔵し、ユーザーのソフトウェア開発が不要になっている。

送電用ICのTB6865AFG Enhanced Versionについても、周辺回路構成が見直され、ソフトウェアを新たに開発している。ユーザーは容易に10W級システムに組み込むことが可能で、製品開発の時間短縮に貢献できるという。

想定される応用機器はスマートフォン、タブレットなどのモバイル機器、モバイルアクセサリー。

【情報元、参考リンク】
東芝/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑