ソフトバンクモバイルとワイモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムが合併へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルは23日、4社が4月1日(予定)を効力発生日として合併することを取締役会で決議したと発表した。

現在の4社はソフトバンクモバイルが「ソフトバンク」ブランドで携帯電話サービスを、ソフトバンクBBは「Yahoo! BB」ブランドでブロードバンドサービスを、ソフトバンクテレコムは固定電話やデータ通信などのサービスを、ワイモバイルは「Y!mobile」ブランドで携帯電話サービスを提供している。

4社はこれまでにもサービスの連携に取り組んできたが、合併することにより、各社の経営資源をさらに集約し、競争力を強化していくとしている。

合併後の新会社では「情報革命で人々を幸せに」という経営理念のもと、革新的なサービスの創出に取り組むとともに、構造改革を行い、経営効率を高めていくということだ。

合併後も各サービスのブランド名は維持され、携帯電話サービスについても「ソフトバンク」と「Y!mobile」ブランドが両方とも残る形となる。そのため、今後もソフトバンク、Y!mobileのサービスを継続して利用することができる。

合併はソフトバンクモバイルを存続会社とする吸収合併方式となり、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルは解散となる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース(PDF)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑