ソフトバンクがフレッツ光のインフラを使った光サービス「SoftBank 光」を3月より提供へ。携帯電話とのセットでお得な「スマート値引き」も

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクBBは30日、東日本電信電話及び西日本電信電話(以下、NTT東西)が提供する光コラボレーションモデルを使った光ブロードバンドサービス「SoftBank 光」を3月1日より提供すると発表した。

NTT東西の光コラボレーションモデルというのは、NTT東西が提供している「フレッツ光」を様々な事業者に卸提供するもので、今回のソフトバンクBBのように、利用事業者は独自のサービスを加えたパッケージとして光ブロードバンドサービスを提供する。

今回の「SoftBank 光」で言えば、フレッツ光のインフラ/サービスを利用したソフトバンクBBの光ブロードバンドサービスということになる。提携事業者はインフラを自前で用意する必要がなく、ユーザーにとってもフレッツ光のインフラなので安心して利用できる利点がある。

「SoftBank 光」は最大概ね1Gbpsのサービスとなり、提供可能エリアはNTT東西の「フレッツ光ネクスト」と同じだ。

料金は「回線+プロバイダ」で、回線種別がホームの場合は5,200円(税抜き。自動更新あり)もしくは6,300円(自動更新なし)、マンションの場合は3,800円(自動更新あり)もしくは4,900円(自動更新なし)となる。

契約期間内に途中解約した場合は9,500円の解除料が発生する。

また、初期費用として事務手数料が3,000円発生し、工事費は内容によるが代表的な内容の場合には実質0円とされる。

そして、注目はやはりソフトバンクモバイルの携帯電話とのセット利用での割引だろう。ソフトバンクのスマートフォンなどの利用料金から最大で月々2,000円、固定通信サービスの利用料金から1,424円/月を割り引く「スマート割引」が提供される。この割引は「家族の学割」または「のりかえ割」との併用も可能なので、併用できる方にはさらにお得だ。

加えて、「スマート値引き」に加入している方向けに、モバイルWi-Fiルーターを新規契約するとモバイルWi-Fiルーターの利用料金から最大1,522円/月を割り引く「スマート値引き Wi-Fiルーター特典」も提供される。

「スマート値引き」の値引き額はスマートフォンで契約する「データ定額パック」などの料金プランによって異なり、下表の通りだ。

「スマート値引き」の値引き額

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクBB/プレスリリース(PDF)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑