au、国内初となるLTE対応のauケータイ「AQUOS K」(SHF31)を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは19日、都内で新製品発表会を開催し、スマートフォン、ケータイなど数機種を発表した。その中には国内初となる「4G LTE」対応のauケータイ「AQUOS K」(SHF31、シャープ製)がある。

AQUOS K SHF31

AQUOS KはAndroid 4.4をOSとして採用した端末だが、あくまでもauケータイで、auケータイとしては初となる4G LTEに対応している。発売時期は2月下旬の予定だ。

馴染みあるスタイルで、テンキーを装備し、折りたたみ型を採用した端末だけに、今後もauケータイを使いたいと考えている方にはちょうど良いだろう。それでいて従来のauケータイと異なり、LTEに対応しているため、高速でのデータ通信が可能となっている。


中身はスマートフォン並みのスペックで、1.2GHzのクアッドコアCPUを搭載し、メモリは1GB RAM、8GB ROM、バッテリー容量は1,410mAh。約1,310万画素のCMOSセンサーを採用したカメラを搭載し、「Night Catch」「リアルタイムHDR撮影」「美ズーム」「フレーミングアドバイザー」などの様々なカメラ機能も備わっている。


キー上の静電式センサーによってスクロールやポインターの移動などをタッチパッドのように操作できる「タッチクルーザーEX」も搭載する。

ディスプレイのサイズは約3.4インチで解像度は960×540ドット。本体サイズは約51×113×16.9mmで、重さは約128gだ。

ワンセグ、Bluetooth、おサイフケータイ、防水、Wi-Fiテザリング、赤外線通信もサポートする。

auはAQUOS Kの購入者向けに、最大で4年間、毎月の利用料金から1,000円(税抜)を割り引く「AQUOS K スタート割」を実施する。条件は「データ定額2/3/5/8/10/13」または「LTEフラット」への加入となっている。

また、55歳以上でAQUOS Kを購入した方には、月間データ量0.7GBを含む「シニアプラン」を提供する。このシニアプランでは、基本使用料が3,980円で、LTE NETの300円を含めて4,280円で利用できる。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑