KDDI、航空機向けの衛星通信サービス「インマルサットSB」を提供へ。従来比約7倍の最大432kbpsのデータ通信が可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは25日、法人向けに従来サービスよりも高速での通信が可能な航空機向け衛星通信サービス「インマルサットSB(スウィフトブロードバンド)」の提供を26日より開始すると発表した。

このサービスでは、インマルサットの第4世代の衛星を利用することで、従来サービスである「インマルサットエアロ」の最大64kbpsと比べて、約7倍となる最大432kbpsでのデータ通信が可能となる。さらに、音声通話とデータ通信の同時利用も可能だ。

「インマルサットSB」は法人向けサービスなので、一般ユーザーがそのまま利用できるサービスではないので注意したい。使用契約料は1契約ごとに122,900円で、利用料金は下表の通り。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑