日本通信、速度制限なし・データ量制限なしで月額1980円の「b-mobile SIM 高速定額」を12月12日に発売へ。3GBで1180円のプランも用意

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
日本通信は8日、「b-mobile」に新しいSIMカード「b-mobile SIM 高速定額」を追加し、12日に発売すると発表した。手数料込みのパッケージ代は3,000円で、月々の通信費は1,980円(税抜き)となる。SIMカードサイズは標準、マイクロ、ナノの3タイプが用意される。

このサービスもNTTドコモ(以下、ドコモ)のインフラを利用して提供される通信サービスで、3G/LTEに対応する。

特徴は「高速定額」という名前通り、通信速度の制限、月々のデータ通信量の制限がないこと、すなわち高速データ通信が定額で利用できる、ということになる。ただし、表向きには通信速度制限がない、と謳われているが、実際には高画質の動画視聴や大容量ファイルのダウンロードなど、連続で大容量のデータ通信を行った場合には、時間帯によって通信速度制限がかかることがあるということだ。

しかし、動画視聴やIP電話自体は禁止されておらず、利用することは可能だ。

また、3日間で1GB超のデータ通信を行うと速度制限がかかる、というような制限もない。

では、実際に普段どれくらいの速度で通信ができるのかと言えば、公式には「ベストエフォート」としか記されておらず、その時々の通信環境や混雑状況による、ということになるようだ。

また、同社は月額1,180円でデータ通信量3GBというライトプランも用意する。どちらも同じSIMカード・パッケージの購入でよく、購入後に専用ウェブサイトへアクセスし、プランを選ぶ形となる。

なお、090番や080番による音声通話も可能だが、音声通話付きプランの場合は追加で月額800円がかかる。他社からの乗り換えにも対応している。

この「b-mobile 高速定額」には最低利用期間が設定されており、開通日から少なくとも5ヶ月間利用することが条件になっている。開通日から4ヶ月以内に解約した場合には、解約金が8,000円発生するので、その点には注意したい。

 

 

【情報元、参考リンク】
日本通信/b-mobile SIM高速定額について
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑