au VoLTEのサービス提供及び対応スマホ isai VL、URBANO V01の販売が12月12日にスタート

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは11日、LTE回線網を使って行う音声通話サービス「au VoLTE」及びその関連サービスの提供、そして対応スマートフォン2機種の販売を12日に開始すると発表した。

isai VL

対応スマートフォンは当面は今回発売になる2機種「isai VL LGV31」(LGエレクトロニクス製)と「URBANO V01」(京セラ製)のみなので、いち早くau VoLTEを体験したい方はこの2機種から選択することになる。

au VoLTEではまず基本的な通話品質が向上し、音質が従来の音声通話と比べてよりクリアになる。さらに着信応答も早くなるので、電話応答がよりスムースにできるようになる。また、最大30名での同時通話ができる「ボイスパーティー」も利用できる。このボイスパーティについては月額300円のオプションだが、こうした機能も実現するわけだ。

さらに、従来のサービス及び従来機種の場合は電話利用中にはデータ通信が3Gに落ちてしまうため、電話をしながらネットを利用する際に速度面でも不満がどうしても出てくるが、au VoLTEの場合は通話中でもLTEでのデータ通信ができるため、例えばGoogle マップで地図を確認したり、ウェブサイトを確認したり、といったこともスムースにストレスなく利用できる。

また、2015年2月以降の提供になるが、「画面シンク」「カメラシンク」「位置シンク」「手書きシンク」といった4つの「シンク機能」が利用できるようになる。これは、スマートフォンの画面やカメラの画面、地図、手書きメモなどを通話中にリアルタイムに相手と共有できる機能だ。

これら便利な機能がau VoLTEでは利用でき、今回対応スマートフォン第一弾として、isai VLとURBANO V01が用意された。

isai VLは約5.5インチ、WQHD解像度のディスプレイを搭載したスマートフォンで、基本的なベースは「isai FL」。メモリが2GBから3GBに増量されたり、au VoLTEに対応したり、3G通信機能が非搭載になるなどの変化がある。

isai VLのレポートについてはこちらの記事を参照してほしい。

一方、URBANO V01は、「ホーム」、「戻る」、「マルチタスク」ボタンが物理キーになっていることが魅力の一つだ。ディスプレイは約5インチ、フルHD解像度のものを採用している。

URBANO V01

また、京セラ製端末ではお馴染みの「スマートソニックレシーバー」もau VoLTEにあわせて調整され、品質が上がっている。URBANO V01のレポートはこちらの記事を参照してほしい。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑