au、Firefox OS搭載スマートフォン「Fx0」を発表。12月25日発売。4G LTE対応、スケルトンボディ採用

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは23日、au新製品として、Firefox OSを搭載したスマートフォン「Fx0」(LGエレクトロニクス製)を25日より発売すると発表した。Fx0はまずはauオンラインショップとKDDI直営店にて販売開始となり、全国のauショップ及びau取扱店舗では2015年1月6日以降に順次販売開始となる。そのため、できるだけ早く入手したい方は、auオンラインショップかau SHINJUKUなどの直営店で購入しよう。

Fx0

Fx0は、Firefox OS搭載スマートフォンとしては世界初となる、「4G LTE」への対応、Qualcomm Snapdragon 400プロセッサの搭載など、スペック面でも魅力あるプロダクトとなっている。

さらにデザインが特徴的で、世界的に著名なデザイナーである吉岡徳仁氏が手掛けたボディは透明のスケルトンボディとなっている。透明なポリカーボネート越しに見えるパーツは、形、色、レイアウトに至るまで綿密に計算されている。

例えば、背面バッテリーには「Firefox OS」のロゴが描かれているので、背面からそのロゴをしっかりと見ることができるようになっている。

このFx0は日本のユーザーが使いやすいように、オムロンソフトウェアとの共同開発による日本語入力システム「iWnn IME for Firefox OS」が搭載され、他のスマートフォンと同様にスムースな日本語入力が可能となっている。

「iWnn IME for Firefox OS」を搭載

4G LTEでは下り最大150Mbpsに対応し、OSにはFirefox OS 2.0を採用する。縦スクロールを基本としながら、起動中のアプリの移動を横スワイプで行える「Edge Gesture」を導入することで、使いやすいUIになっている。

ディスプレイサイズは約4.7インチで、解像度は1,280×720ドット、ボディサイズは約70×139×10.5mmで、重さは約148g、バッテリー容量は2,370mAhで、メモリは1.5GB RAM、16GB ROM、外部メモリはmicroSDカード(microSDXCの64GBまで対応)で、メインカメラは約800万画素、サブカメラは約210万画素、Wi-FiはIEEE 802.11 a/b/g/n準拠、Bluetoothは3.0などの基本仕様だ。


冒頭で述べたようにauオンラインショップと直営店で先行発売されるが、直営店は具体的には、au SHINJUKU、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKAの4店舗だ。

料金プランは専用のデータ定額プラン「LTEフラット cp(f・2GB)」が用意される。これは最大3年間は月額3,500円で、4年目以降は5,700円というプラン。月々の合計の通信費としては他に基本使用料と「LTE NET」(月額300円)が掛かるが、基本使用料は新規契約の場合は最大2年間0円(3年目以降は934円)になるので、最大2年間については月々3,800円で利用することができる。

機種変更の場合も最大3年間は月額4,700円で利用できることになる。

気になるFx0の端末価格は一括では49,680円で、毎月割が月々855円の24ヶ月分で20,520円つくので、実質負担額では29,160円となる。

【情報元、参考リンク】
fx0公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑