ASUS、約13cmの超ミニサイズのパソコン「ASUS VivoMini UN62/UN42」を12月12日に発売へ。付属アプリを使ってスマホからの操作やファイル共有も可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは10日、手のひらサイズの小型パソコン「ASUS VivoMini UN62(エイスース ビボミニ ユーエヌ ロクジュウニ)」と「ASUS VivoMini UN42」を12日に発売すると発表した。


どちらのモデルもボディサイズは同じだが、中身のスペックが異なる。また、Windows 8.1プリインストールモデルに加え、OS、記憶装置、メモリ、キーボード、ポインティングでバイスが付属しないべアボーンモデルもラインナップされる。

予想実売価格は、Windows 8.1プリインストールモデルがUN62の場合、81,370円(税抜き)、UN42が35,130円(税抜き)となっている。

基本的な特徴から紹介すると、ボディサイズは約131×131×42mmと、CDより少し大きいくらいのサイズの超小型になっている。設置場所に困らないサイズな上、家の中での持ち運びすらできてしまう。重さは約0.6kgだ。

さらに、付属のアプリ「ASUS Wi-Fi GO!」を使えば、スマートフォンやタブレットからASUS VivoMiniを操作したり、スマートフォンやタブレットとのファイル共有をWi-Fi経由で手軽に行うことも可能となっている。

また、「ASUS Media Streamer」を使用すれば、外出先から自宅のASUS VivoMiniにアクセスすることもできるので、ASUS VivoMiniに保存した動画、音楽、写真を持ち出し用のデバイスや外部メディアにコピーすることなく、ネットワーク経由で楽しむことができるようになっている。このメディアサーバー機能も特徴の一つ。

さらに、UN62は4K解像度での出力にも対応しているので、4Kディスプレイに接続して、解像度の高い映像体験をすることができる。

ラインナップは下記の通り、5モデル。予想実売価格も併記している。

<Windows 8.1プリインストールモデル>
・ASUS VivoMini UN62 (UN62-M040R):81,370円
・ASUS VivoMini UN42 (UN42-M024Y):35,130円

<ベアボーンモデル>
・ASUS VivoMini UN62 (UN62-M021M):46,250円
・ASUS VivoMini UN62 (UN62-M020M):38,630円
・ASUS VivoMini UN42 (UN42-M002M):22,000円


OSプリインストールのUN62のOSはWindows 8.1 64bitで、UN42はWindows 8.1 with Bing 64bit、CPUはUN62がCore i5-4210Uで、UN42はCeleron 2957U、メモリはUN62が4GBでUN42が2GB、記憶装置はどちらもSSDだが、容量が異なり、UN62は128GB、UN42は32GB、Wi-FiやBluetoothはどちらも対応している。

インターフェースはHDMI 1.4a×1、DisplayPort 1.2a×1、USB3.0×4、カードリーダー(SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード、MMC)×1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1。


下はAmazon.co.jpでの商品リンク。


【情報元、参考リンク】
ASUS
ASUS公式オンラインショップ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑