ワイモバイル、スマホのデータ通信量をタブレット等と共有できる「シェアプラン」を12月4日より提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ワイモバイル、ウィルコム沖縄は13日、スマートフォンで契約しているパケット通信サービスのデータ通信量をタブレットやInternet of Things(IoT)製品など、複数の機器で共有できるサービス「シェアプラン」を12月4日より提供すると発表した。

料金イメージ

シェアプランはスマートフォン向けプランの「スマホプランS/M/L」を契約している回線を親回線として、最大で3回線の子回線を追加し、親回線とデータ通信量を分け合うことができるサービス。

しかも、「スマホプランL」の場合は、「シェアプランセット割」によって、基本使用料無料で利用することが可能となっている。

シェアプランの基本使用料は月額980円なので、例えば「スマホプランS」と組む場合は、2,980円+980円で計3,960円になる。「スマホプランM」では合計で4,470円だ。そして、「スマホプランL」の場合は、シェアプランの基本使用料が0円になるので、計5,980円で利用できる。

そのため、スマートフォンで「スマホプランL」を利用している方が、タブレットを追加利用するような場合には、シェアプランの利用は特におトクになるはずだ。

【情報元、参考リンク】
ワイモバイル/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑