ヤフー、VICS対応のカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」のタブレット版をAndroid先行で12月中旬に提供へ。スマホ版は200万ダウンロード突破

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤフーは14日、スマートフォン向けのカーナビゲーションアプリ「Yahoo!カーナビ」のダウンロード数が12日時点で200万を突破したと発表した。内訳はAndroid版が69万以上、iOS版が130万以上となっている。

タブレット版の画面イメージ

8月のお盆期間、秋の連休期間中にダウンロードが増える傾向が見られたほか、毎週末の利用も順調に増加しているということだ。おそらく年末年始にもダウンロード数が大きく増えることだろう。

「Yahoo!カーナビ」の大きな特徴は、VICSに対応し、渋滞情報、交通規制情報を利用できる無料のカーナビアプリであることだ。無料でVICS対応カーナビを使えるということで、リリース当初から注目され、順調にダウンロード数を伸ばしてきた。

今後はより大きな画面を持つ、タブレットに最適化したアプリも登場する予定で、まずは12月中旬にAndroid版が先行してリリースされ、2015年1月以降にiPad版がリリースされる予定となっている。大きな画面ならではの利便性を得られる見込みで、その例として、2画面設計が採用されるようだ。

【情報元、参考リンク】
Yahoo!カーナビ公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑