KDDI研究所、AR画像をリアルタイム表示する遠隔作業支援システムの商用化に成功。スマホ・タブレットのカメラを通した映像に作業指示を重ねて表示

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI研究所は19日、マーカー不要で映し出せるAR(Augmented Reality、拡張現実)画像をリアルタイムの映像に重ねて表示できる遠隔作業支援システムを開発したと発表した。12月1日より、「VistaFinder Mx」のオプション機能として提供される。

利用イメージ

このシステムでは、同社が開発した高速・軽量でマーカーが不要のARエンジンを搭載している。

これによって、作業中にカメラを動かしても、AR指示画像が追従し、現実の背景映像とピッタリ重なるので、遠隔作業指示における認識のズレを軽減でき、作業ミスを減らすことが可能になる。

しかも、高速・軽量化の実現によって、従来は必要だったAR専用サーバーが不要になり、スマートフォンやタブレット端末とソフトウェアだけで、すぐに使い始めることができる。

なお、同社によれば、リアルタイムの映像にAR画像を重ねて表示する遠隔作業支援システムの商用化は世界初の事例になるということだ。

この技術は、11月20日から21日に東京ビッグサイトで開催されるハイウェイテクノフェア2014に出展されるので、関心がある場合は、イベントで確認しよう。

【情報元、参考リンク】
KDDI研究所/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑