携帯電話各社、現行3円のユニバーサルサービス料を2015年1月分から2円に変更へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI、ソフトバンクモバイル、ワイモバイル、UQコミュニケーションズら通信各社は28日、ユニバーサルサービス料を2015年1月利用分より改定すると発表した。

ユニバーサルサービス料は、NTT東日本・西日本によるユニバーサルサービス(加入電話・公衆電話・緊急通報)の提供を確保するために必要な費用の一部を通信事業者全体で電話番号数に応じて負担するもので、携帯電話ユーザーの視点でみると、1電話番号あたり、毎月の利用料金とあわせて徴収されている。

このユニバーサルサービス料が、現行では月額3円(税抜き)だが、2015年1月利用分から2円(税抜き)に改定される。

これはドコモだけでなく、auやソフトバンク、ワイモバイル、UQ WiMAXなどでも同様で、2015年1月利用分からは2円(税抜き)となる。税込みでは2.16円だ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑