コヴィア、9900円のSIMフリースマホ「FLEAZ F4s」を12月10日に発売へ。Android 4.4、4インチ液晶、クアッドコアCPU搭載。準天頂衛星対応

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
FLEAZ F4s
コヴィア及びコヴィア・ネットワークスは11日、SIMフリースマートフォン「FLEAZ F4s」を12月10日に発売すると発表した。店頭想定価格は9,900円(税抜)と、格安のAndroidスマートフォンになる。

OSはAndroid 4.4で、プロセッサはクアッドコア1.2GHz、メモリは512MB RAM、4GB ROM、ディスプレイは約4インチのIPS液晶で解像度は480×800ドット。スペックはやはり最近のキャリア端末と比べると見劣りするが、1万円端末と考えれば十分納得できるレベルだろう。

ネットワークはW-CDMAが2,100MHz、800MHz、GSMが850、900、1,800、1,900MHzに対応する。NTTドコモのネットワークであればFOMA、FOMAプラスエリアをサポートすることになるので、日本全国各地で利用可能だ。

SIMカードスロットはデュアル仕様で、標準SIMスロットを1基とmicroSIMスロットを1基搭載する。例えば、これまで使ってきた携帯電話のSIMカードを標準SIMスロットにセットし、格安データ通信サービスのSIMカードをmicroSIMスロットにセットすれば、これまでの電話番号と格安SIMによるデータ通信をFLEAZ F4sで使うことができる。

二つのSIMの切替はメニューから簡単に行えるほか、FLEAZ専用のSIMスケジューラーアプリを使えば、マニュアル、オート、スケジュールの3つのモードで、ユーザーが設定したスケジュールに合わせて自動切り替えできる。

また、FLEAZ F4sは、準天頂衛星システムの受信も可能となっている。

準天頂衛星システムはまだ実証実験段階ながら、現在のGPSよりも高精度の衛星測位サービスを可能とし、カーナビ等における新しい位置情報サービスや、建築作業に欠かせない測量、子供や高齢者の見守りサービスなど、様々なサービスに広く活用されることが期待されている。準天頂衛星システムの受信には専用アプリが必要だが、コヴィアでは準天頂衛星システムへの対応、製品開発にいち早く取り組んでいる、という。

なお、オプション品として、カラフルな保護カバーが12月末頃に発売予定となっている。

【情報元、参考リンク】
FLEAZ F4s製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑