レノボ、タブレット「YOGA Tablet 2」シリーズを発表。プロジェクター内蔵、JBL 2.1chスピーカー搭載モデル「YOGA Tablet 2 Pro」も登場へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
レノボ・ジャパンは10日、タブレット「YOGA Tablet 2」シリーズ全5モデルを発表した。YOGA Tablet 2シリーズはディスプレイサイズは8インチ、10インチ、13.3インチの3サイズ展開、OSはAndroidに加えて、新たにWindows 8.1搭載モデルが用意された。また、Wi-Fiモデルのほか、LTE対応モデルも用意される。


さらには、プロジェクターJBL 2.1ch対応スピーカーを搭載したハイエンドモデルである「YOGA Tablet 2 Pro」も用意される。

特徴を紹介する前に、まずはラインナップ構成を確認したい。ラインナップは下記の通りだ。

[YOGA Tablet 2]
・YOGA Tablet 2-830F:Android 4.4 / 8インチ / Wi-Fi / 10月17日発売予定
・YOGA Tablet 2-830L:Android 4.4 / 8インチ / LTE / 12月中旬発売予定
・YOGA Tablet 2-1050F:Android 4.4 / 10インチ / Wi-Fi / 10月17日発売予定
・YOGA Tablet 2-1050L:Android 4.4 / 10インチ / LTE / 12月中旬発売予定

[YOGA Tablet 2 Pro]
・YOGA Tablet 2 Pro-1380F:Android 4.4 /13.3インチ / Wi-Fi / 11月中旬発売予定

[YOGA Tablet 2 with Windows]
・YOGA Tablet 2-851F:Windows 8.1 with Bing / 8インチ / Wi-Fi / 11月下旬発売予定
・YOGA Tablet 2-1051F:Windows 8.1 with Bing / 10インチ / Wi-FI / 10月下旬発売予定
・YOGA Tablet 2-1051L:Windows 8.1 with Bing / 10インチ / LTE / 12月中旬発売予定


まず、今回のYOGA Tablet 2シリーズは、従来の利用スタイル3パターンに加えて、新たに「ハングモード」を搭載している。YOGA Tabletシリーズは、一方の長辺側が丸みを帯びた形状になっており、さらにスタンドも収納している。そのため、その部分を手に持って使う「ホールドモード」、スタンドを使って角度をつけて立てる「スタンドモード」、丸みを帯びた部分を使って浅い角度で使う「チルトモード」の3パターンで使えるようになっている。

今回の新モデルでは、新たにハングモードが利用可能で、これは壁などにタブレットをかけて使えるモードだ。ただし、壁にかけて使う場合はフックの耐荷重には注意したい。

ハングモードでは壁掛けも可能

そして、今回の新モデルで最も注目したいのはYOGA Tablet 2 Proだ。

このモデルには、プロジェクターが内蔵されているので、いつでもどこでも画面を映し出して楽しむことができる。さらに、JBL 2.1chサラウンド対応スピーカーとして、前面に2つのステレオスピーカー(1.5W×2)と背面にサブウーファー(5W)を搭載する。

プロジェクターを搭載する

そして、ドルビーデジタルプラス(ソフトウェア)に対応する。

YOGA Tablet 2 Proの主な仕様は次の通り。

OSはAndroid 4.4、プロセッサはIntel Atom Z3745、ディスプレイは約13.3インチで解像度は2,560×1,440ドットのIPS液晶で、メモリは2GB RAM、32GB ROM、背面カメラは800万画素、前面カメラは160万画素、本体の重さは約950gだ。

一方、通常のYOGA Tablet 2の主な仕様は次の通り。

OSはAndroid 4.4、プロセッサはIntel Atom Z3745、ディスプレイは約8インチもしくは10インチで、解像度はどちらも1,920×1,200ドットのIPS液晶で、メモリは2GB RAM、16GB ROM、背面カメラは800万画素、前面カメラは160万画素、本体の重さは8インチモデルが約419g、10インチモデルは約619gだ。

Windows 8.1搭載モデルは、OSはWindows 8.1 with Bing、プロセッサはIntel Atom Z3745、ディスプレイは約8インチもしくは10インチで、解像度はどちらも1,920×1,200ドットのIPS液晶で、メモリは2GB RAM、16GB ROM、背面カメラは800万画素、前面カメラは160万画素、本体の重さは8インチモデルが約426g、10インチモデルは約629g、そして、Microsoft Office Home and Business 2013がついてくる。

【情報元、参考リンク】
YOGA Tablet 2シリーズ製品ページ
レノボ公式オンラインストア
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑