ソニー、8インチタブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」のWi-Fiモデルを11月7日に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーは1日、「Xperia」シリーズのタブレット新製品「Xperia Z3 Tablet Compact」のWi-Fiモデルを11月7日に発売すると発表した。内蔵ストレージ容量が16GBの「SGP611JP/W・B」と32GBの「SGP612JP/W・B」が用意され、カラーは型番末尾が「W」のものがホワイト、「B」のものがブラックと、2色展開になっている。

Xperia Z3 Tablet Compact

市場推定価格は16GBモデルが44,000円前後、32GBモデルが50,000円前後だ。また、純正アクセサリーとしてスタンド機能付きのカバーとスクリーンプロテクターが用意され、前者が4,500円前後、後者が1,500円前後となっている。

Xperia Z3 Tablet Compactは、8インチのディスプレイを搭載したタブレットで、重さ約270g、厚さ6.4mmと薄型軽量ボディが特徴の一つとなっている。7インチ以上9インチ未満の液晶を搭載するタブレットでは世界最軽量だ。

また、動画再生で約15時間の駆動が可能というスタミナ性能、防水・防塵仕様なども特徴だ。

さらに、Xperia Z3と同様に、単体でのハイレゾ音源再生に対応すること、圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケールする「DSEE HX」という技術を搭載すること、デジタルノイズキャンセリング機能を搭載することも魅力だ。

そして、PlayStation 4を遠隔でプレイできる「PS4 リモートプレイ」も利用できる。DUALSHOCK4が必須だが、自宅においたPS4をいつでも遊べるので、ゲーマーには嬉しい機能だ。

なお、ディスプレイは「トリルミナスディスプレイ for mobile」で、明るく鮮やかな表示が可能だ。解像度は1,920×1,200ドット。

OSはAndroid 4.4で、メモリは3GB RAM、16GB ROMもしくは32GB ROM、プロセッサはQualcomm Snapdragon 801クアッドコア 2.5GHzで、バッテリー容量は4,500mAh、ボディサイズは約213.4×123.6×6.4mm、重さ約270gだ。

【情報元、参考リンク】
ソニー/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑