【島田純のMobile×Travel】第31回:日本でSIMフリーのモバイルWi-Fiルータ「E5377」を購入する

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
携帯電話各社が「音声通話定額」を軸にした新料金プランを提供する中で、音声通話定額を必要とせず、データ通信量もそれほど多くないユーザにむけたサービスとして、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)の提供するサービスが広がっています。

HuaweiのモバイルWi-FiルータE5377を購入

最近注目を浴びているMVNOサービスの多くは、大手3キャリア(ドコモ/KDDI/ソフトバンクモバイル)から乗り換えて音声通話で使うという用途でニーズが広がっているため、販売価格が割安な20,000円前後のSIMフリースマートフォンとセットで販売されることが増えています。

そんな中、大手キャリアにも端末を供給しているHuaweiから、SIMフリーモデルのモバイルWi-Fiルータ「E5377」が発売されているので購入してみました。

E5377は、Huaweiが提供するモバイルWi-Fiルータとしては初めてキャリア経由での販売ではなく、家電量販店などで回線契約無しに購入可能な製品で、販売価格は約17,000円程度となっています。

E5377を単体で購入する場合、回線契約を伴わない端末購入となるため、面倒な書類の記入などは不要です。店頭で購入希望の商品を伝えると、通常の家電製品を購入するのと同様にすぐに購入手続が完了します。そして、対応するSIMカードを挿して利用すると、その場ですぐに通信を行うことができるようになります。

SIMフリー仕様で国内販売されるモバイルWi-Fiルータの多くは、基本的にドコモのMVNOで利用することが前提とされているため、対応するモバイルネットワークの周波数も、ドコモ向けに最適化されたものとなっていますが、E5377については2014年9月時点でドコモが展開するLTEのネットワーク4つのうち、対応している周波数は2つのみとなっています。

●ドコモが提供するLTEの周波数(2014年9月現在)
2,100MHz/1,700MHz/1,500MHz/800MHz

●E5377が対応するLTEの周波数
2,100MHz/1,700MHz/850MHz
※対応する周波数の詳細はHuaweiのWebサイトにスペックが記載されている。

このため、仮にドコモで利用しようとした場合、LTEでは2,100MHz帯(Band 1)と1,700MHz帯(Band 3)のネットワークにのみ接続が可能ということになり、4つの周波数にフルで対応するモバイルWi-Fiルータと比べると、対応するエリアや通信速度の面でやや使い勝手が悪いということが考えられます。

SIMフリーとなっていることは、好きな事業者のSIMカードを挿して利用することができる、という点で大きなメリットではあるのですが、対応している周波数が少ない場合、結局は利用可能なエリアが狭かったり、通信速度が出にくくなる点は注意が必要で、この点はもう少し多くの周波数に対応して欲しかった。というのが率直な要望です。

SIMフリー仕様のスマートフォンやモバイルWi-Fiルータは、SIMカードを挿すと自動的にインターネット接続に必要なAPN設定が行われる製品もありますが、E5377は国内キャリアのいくつかのAPN設定がプリセットされているものの、大手3キャリアのSIMカードを挿してもAPNは自動設定されず、手動でAPN設定が必要となりました。

E5377をドコモのLTEに接続

インターネット接続に必要となるAPNの設定は、慣れてくればそれほど難しいものではありませんが、設定に慣れていないと戸惑うことがあるかもしれません。特に、海外で初めて使うというような場合は、事前にAPN設定方法および設定内容を調べてメモしておくとよいです。

SIMフリー仕様のモバイルWi-FiルータでLTE対応の製品を国内で購入する場合、その多くはAmazonなどのオンラインショップのみでの販売となっているため、家電量販店で気軽に購入できるE5377は「国内で購入できる、SIMフリーのモバイルWi-Fiルータ」としては貴重な選択肢と言えるでしょう。

前述の通り、国内のMVNOで利用するためにSIMフリーのスマートフォンの選択肢が増えているため、今後はモバイルWi-Fiルータでも同様にSIMフリー端末の選択肢が増えてくることに期待したいところです。モバイルWi-FIルータE5377の使い勝手などなどについては、今後の連載にてお伝えする予定です。


記事執筆者プロフィール
島田純
ブロガー/フリーライター
Twitter:@shimajiro、ブログ:shimajiro@mobiler

ブログとモバイルと旅が好きなフリーランスのブロガー/ライター。
モバイルWi-Fiルータやデータ通信関連が得意です。

「島田純のMobile×Travel」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3火曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑