NEC、Android搭載8インチタブレット「LaVie Tab S」を発表。LTEモデルは39800円、Wi-Fiモデルは32800円。電話無料相談も可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NECパーソナルコンピュータは15日、個人向けパソコン「LaVie」「VALUESTAR」及びタブレット「LaVie Tab」シリーズの新製品、全10タイプ39モデルを発表した。今回のラインナップでは、タブレットシリーズに新たに「LaVie Tab S」シリーズ「TS508/T1W」「TS708/T1W」が加わっている。

LaVie Tab S

このモデルはOSにAndroidを採用した8インチタブレットで、LTE対応モデルとWi-Fiモデルが用意され、LTE対応モデルはSIMロックフリーとなっている。対応する通信方式のサービスを提供する通信会社のSIMカードを利用してモバイルデータ通信を楽しむことが可能だ。

価格は同社直販サイトではLTE対応モデルが39,800円、Wi-Fiモデルが32,800円。型番はLTE対応モデルが「TS708/T1W」で、Wi-Fiモデルが「TS508/T1W」、発売時期はWi-Fiモデルが11月下旬から12月初旬で、LTE対応モデルが12月下旬の予定だ。

LaVie Tab Sの主な仕様は、OSがAndroid 4.4、ディスプレイは8インチサイズ、解像度1,920×1,200ドットのIPS液晶、プロセッサはIntel Atom Z3745 1.33GHz(最大1.86GHz、クアッドコア)、メモリは2GB RAM、16GB ROM、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)準拠、Bluetoothは4.0、メインカメラは約800万画素でレンズはF2.2、インカメラは約160万画素、ステレオスピーカー搭載、microSDカードスロット搭載、バッテリー容量は4,290mAhなど。

本体サイズは約209.8×123.8×7.9mmで、重さはTS708/T1Wが約310g、TS508/T1Wが約305g。

TS708/T1WはLTE/3Gに対応するが、LTEはバンド1/3/8/19、3Gは900/2100MHzに対応する。これらの通信方式に対応する通信会社のSIMカードを利用することができる。

また、初心者サポートが充実している点も大きな特徴の一つで、起動から基本的な操作方法までを手軽にチェックできる「かんたん!セットアップシート」、Googleアカウントの登録方法やインターネットの利用の仕方など、様々なことが解説されたWebマニュアル「かんたん!LaVie Tab for Android」、基本的な操作方法を動画でチェックできる「動画なびポータル」が用意されているほか、「使い方相談」が無料でできるようになっている。電話で何度でも相談できるので、初心者の方は安心して利用できるだろう。

また、NECのTVパソコンで録画した番組をLaVie Tab Sに転送して外出先などで視聴することもできる。他にも、TVパソコンを介して放送中のテレビ番組をLaVie Tab Sで視聴することもできる。

【情報元、参考リンク】
NEC/LaVie Tab S製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑