ソフトバンク、リサイクル申込者に抽選で1万円分のJCBギフトカードが当たるキャンペーンで故障端末も対象に。10月末まで

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは10日、6月9日から実施している「だれでもリサイくじ」において、故障端末の買取・下取りも対象に加えると発表した。


このキャンペーンでは、3R(Reduce Reuse Recycle)関係8省庁で定めた「リデュース・リユース・リサイクル推進月間(3R推進月間)」の期間中に、携帯電話のリサイクルのほか、故障端末の買取・下取りを利用した方を対象に、抽選で100名に1万円分のJCBギフトカードをプレゼントする。

応募するにはまずは下取り・携帯電話リサイクル対象機種をソフトバンクショップに持ち込み、応募券を貰う。次に「かざして募金」アプリを立ち上げて、応募券に記載された応募番号を入力すればいい。応募すると、ソフトバンクが認定NPO法人テラ・ルネッサンスに5円を寄付するとともに、100名に抽選で1万円分のJCBギフトカードが当たる。

当選者は当選後、翌月3日までに金券送付先の情報を入力する。入力しなかった場合は、当選権利が失効してしまうので注意したい。

なお、キャンペーン期間は10月末までだが、応募券がなくなった場合は終了となる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/「だれでもリサイくじ」について
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑